読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

SPIと玉手箱の練習台に使える企業を紹介(みんなでもっと情報共有しよう)

【スポンサーリンク】

f:id:job-hunting-buddha:20170304114934p:plain

みなさん、こんにちは。

ブッダです。

 

いよいよ就活解禁となり、説明会巡りやES作成やらで忙しいだろうが、SPIと玉手箱については練習台の企業で経験を積んでおきたい。特にSPIの場合は出来が良ければその結果を使い回せばいいので、早めに行くつもりのない企業で受験してしまい、いい結果を出して後から楽をしたい。

 

というわけで今回は練習台に使える企業を紹介しようと思う。それも、プレエントリーだけ(つまり個人情報の登録だけ)でテストを受けれる企業というのがポイントだ。ただし、筆者が就活生の時に調べてメモしてた内容なので、今年は変わっているかもしれない。そこはご容赦ください。

 

また、この記事をベースに情報更新していきたいんで、寛大な人はコメントなりtwitterの方で最新の情報を教えて頂けると幸いです。

 

玉手箱

  • オムロン(即受験可)
  • 日本ロレアル(ES必要締切はやめ)
  • 日産(即受験可・推論)
  • あおぞら銀行(即受験可・長い版の玉手箱)
  • 百五銀行(言語,計数長い版)
  • 三井住友銀行(何次かタームがある模様)
  • 北海道銀行(四則演算・国語・英語)
  • 商船三井(ES通過者でなくても受けれたはず)
  • 川崎汽船(推論だったはず。ここはES出さなくても受けれたと思う)

 

【読者様より情報提供】

カネカはプレエントリーだけで簡易版の玉手箱が受けられ、フィードバックもあるそうです。日立コンサルティングはESなしで玉手箱が一通り受けれるそうです。

 

玉手箱はエクセルで答えが出回ってるみたいだし、計数なら筆者のツールを使いこなせば9割は取れるはず。注意が必要なのは推論で、本命企業でこれらが出題される場合は練習台企業を探しておきたい。初見で挑むとまずまともに解けないからね。

玉手箱の計数解答システム(エクセルファイル)を無料公開!例題つきで使い方のコツを解説

 

SPI

  • リクルートキャリア
  • リクルートアドミニストレーション(ES選考あり)
  • リクルートジョブズ(読者様より情報提供。今年はテストセンターだそうです)
  • リクルートスタッフィング
  • リクルートマーケティング
  • リクルート住まいカンパニー
  • 新日鉄住金(即受験可)
  • 住友ゴム(即受験可)
  • 旭硝子
  • りそな:WEBテスト,テストセンター
  • 近畿大阪銀行:WEBテスト&テストセンター※りそなと近畿大阪銀行は共通の窓口でエントリーし、両方で受けれたのか一度だけしか受けれないのかは忘れた

 

【読者様より提供情報】

今年(18卒の選考)では、NTTファイナンス、アステラス製薬、日東電工、三菱商事がプレエントリーのみでテストセンター受けれるとのこと。三菱商事は英語と構造的把握も付いてくるそうな。ただしアステラス製薬はもう終わってるらしい(この記事を来年の19卒の選考まで使うことを見越して取り敢えず書いてます)。

 

リクルート関連で受けまくろう

リクナビのopenESを登録しておくと、リクルート系列の会社にワンクリックでエントリーを出していける。これらの企業の多くはSPIの練習台に使える(選考があったり、筆記試験がないとこもあるが、とりあえず出しまくって2,3個練習台を確保できれば良しとしよう)。しかも、もれなく構造的把握まで付いてくるので有難かった。

 

SPIに関しては、既に言語や計数では使い回せるスコアを持ってる人も多いだろうが、受験機会の少ない英語と構造的把握は本命の前に練習をしておきたい

 

【スポンサーリンク】
 

 

プレエントリー瞬殺ツールを使おう

以上が筆者のメモしてた情報である。もっと練習したい人、他のテストについても知りたい人は以下のページを活用してほしい。昨年度の情報をもとに自分が欲しいテストをやってそうな企業に登録しよう。

SPIノートの会 就活速報!

 

ここからは最近このブログを見てくれるようになった人向けの話だが、以前以下の記事でプレエントリーの情報入力を自動化できるツールを紹介した。「テストの練習台を使うのはわかるけど、受験までのプロセスが面倒やんけ」と思ってたかもしれないが、実はプレエントリーは1社あたり数分で終わる。知らなかった人はぜひ試してみてほしい。

クソ面倒なプレエントリーをボタンひとつで瞬殺する神ツールを教えよう

 

選考体験記を使ってテストの種類を調べよう

以前この記事で書いたが、選考体験記を見ればその会社で前年まで課されていた筆記試験の種類がわかる。

選考体験記を活用して取り返しのつかない出遅れを防げ

 

SPIの構造的把握や玉手箱の推論はもとより、本命企業でその他のあまりメジャーじゃないテストが出される場合は要注意だ。

 

ES提出が必要な時はテキトーな内容をコピペ

企業によっては、顔写真登録→ES提出→テスト受験というとこもある。テキトーなESを出しさえすればテストが受けれるんだが、全部「あああ」みたいなので出すのも気が引けるという人は、就活サイトに載ってる先輩のESみたいなやつをコピペしたらいい。

 

今回のテスト練習台の件については、すべて自己責任で行って頂きたい。「SPI使い回したら本命で落ちた」などと筆者に言われても対応いたしかねます。

 

就活のテストなんて足切りに過ぎないので、時間をかけて点を取りに行くポイントではない。ただ、一度ミスれば就留しない限りもうその会社には入社できないのが本選考である。よって、万一のミスを無くすためにも、どうせ何度かSPIを受けるんなら、先に練習台企業で受けた方が安全・安心である。

 

この辺は賢く戦略をたててもらいたい。

 

繰り返しになるが、最新の情報をシェアしていいよという寛大な人は些細なことでも報告してくださいな。それでは今回はこの辺でおしまい。

 

テスト関連の記事

18卒就活生が就活解禁日までにやるべき筆記試験対策2点(SPI・玉手箱)

テストセンター(SPI)で実際に出た問題を大流出させてしまおう

玉手箱の計数解答システム(エクセルファイル)を無料公開!例題つきで使い方のコツを解説

絶対一度はやっておくべき性格診断テストを教える【おすすめ】

 

面接対策シリーズ

面接の準備を行う方法を解説~よくある質問例に答えを作っていこう~

面接本番で質問に答える際の4大重要ポイント

必ず面接の記録をつけて反省をしよう。絶対質問と自分の回答をメモっておくべき

面接の逆質問を考えるときは「なぜその質問をするの?」と自問自答せよ

就活生は絶対にスーツのシワ・ホコリ取りと靴磨きをやれ

面接やGDにおける筆者の経験やテクニックなど細かな点について

最終面接は細かな対策より運と度胸が大事

 

就活戦略シリーズ

就活生は志望度・エントリー数・時期の3点を最適化したポートフォリオを作れ

理系院生に必要な就活情報を全部書く(時期・推薦・エントリー数・面接のコツなど)

就活生に自己分析のやり方を紹介!自分史年表を作ることから始めろ

読者の方からの相談をもとに就活Q&Aをまとめました

 

業界研究シリーズ

就活生に大人気のメガバンク業界研究(MUFG・SMFG・MHFG/三菱東京UFJ・三井住友・みずほ)

5大商社の違いや強みをクイズ形式で比較(三菱商事・三井物産・住友商事・伊藤忠商事・丸紅)

3メガ損保の業界研究。東京海上・MS&AD・SOMPOの違いを比較

総合デベロッパー大手5社の違いを比較(三井不動産・三菱地所・住友不動産・東急不動産・野村不動産)

飲料大手(サントリー・キリン・アサヒ・サッポロ)の違いを比較

重工大手(三菱重工・川崎重工・IHI)の違いを比較

総合電機大手(日立・東芝・三菱電機・パナソニック・富士通・NEC・ソニー)の違いを比較