読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

就活サイトは募集情報と選考体験記が見れたら十分

就活情報 就活情報-就活お役立ち小技 就活おすすめツール

【スポンサーリンク】

f:id:job-hunting-buddha:20160710154837j:plain

さて、今回は就活サイト、就活ナビについて記事を書こう。

当ブログでは、「就活サイトなんて学生と企業を煽って就活を過熱化して飯食ってるだけ」という主張を繰り広げてきたが、就活サイトを全く見ずに就活をせよという訳ではない。ただ、自分が必要な情報を引き出すためだけに利用し、踊らされることがなければいいのだ。自分で考える頭がないまま、いつものネットサーフィンの感覚でこういうサイトに飛び込み、転々とするから溢れかえる情報に混乱させられるのだ。

 

というわけで、今回はメジャーな就活サイトの特徴、対象としている人、賢い使い方などをまとめていく。

マイナビ

job.mynavi.jp

就活と言えば誰もが思い浮かべるマイナビ。

特徴:情報量がアホほど多い。企業の情報から、ESの書き方、面接対策といった就活講座、あなたへのおススメ企業、送りつけてくるDMの数すべてが多い。

賢い使い方:中小企業、大企業のグループ企業など、普通の人が名前を知らない企業を探すのにはおススメ。「トヨタやパナソニック、三菱商事みたいな超一流企業しか興味ないもん」って就活生は別にマイナビ見なくても企業ごとのページで情報をフォローすればよい(そういうとこしか受けずに全滅しても知らんけど)。

選考体験記:載ってません

 

リクナビ

job.rikunabi.com

マイナビと並ぶ巨大就活サイト。

特徴と使い方はマイナビと同じだが、リクルートがやっているという点がポイント。リクルート関連の企業はこっちからしか応募できない。あと、SPIはコイツらが作っているのだが、SPIの演習が出来るコンテンツがある。これはおススメだ。大学受験の模試みたいに全受験者の中での順位がわかるから、ぜひ受けておくべき。

 

ぶっちゃけリクナビとマイナビの違いって?

掲載されている企業がちょっと違うくらい。あとは上述のSPIの件。まあ、どっちでもいいんだが、親の遺言で登録が禁止されているとかじゃなければ一応両方登録することをおすすめする。ただし、就活講座みたいなのを無目的に読み漁ると情報の海で溺れ死ぬ。「この情報が必要だから、それだけ見つけるんだ」という気持ちで情報は探そう。

 

リクナビとマイナビからエントリーするときの注意点

なんかボタンを押しても情報が届くまでに時差がある。18卒が来年企業にエントリーするときは、必ずその企業のページからするように(今年の夏のインターンも然り)。大企業はほとんどが自前のページを持っている。中小企業やグループ企業でナビサイト経由じゃないと応募できない時のみ、これらからの応募を行うように。

 

リクナビとマイナビのまとめ
  • 中小企業やグループ企業を見つけるのに便利だが、大企業について調べるなら他でよい
  • 情報量が多すぎるので注意。
  • リクナビでSPI対策が出来る
  • ナビサイトからしか出来ない場合のみ企業への応募に使え

 

Unistyle

ここは有料会員制度がある珍しい就活サイトだ(基本は無料で使えるが、一部有料会員限定公開となっている)。情報量に関してはピカイチである。特に過去のESが大量に載っており、相場観がつかみにくい就活生にとっては参考になる。もちろんコピペするためではない。面接でボロが出るんだから、やめときなさい。また、選考体験記の量も群を抜く。あまりメジャーじゃない企業のものも載っているのが有難い

 

【2017年1月20日追記】

Unistyleのような就活サイトで公開されているESを参考にする際のポイントをまとめました。闇雲に見ても参考にならなかったり、無駄に焦ったりするだけなんで、以下の記事で書いてる点に注意してください。また、Unistyleは無料で全部使えるようになってます。 

Unistyleのような就活サイトで他人のESを参考にする際のポイント

 

Unistyleの業界研究記事を活用して、更に深く業界研究を行う方法。演習形式で誰でも真似できるように工夫してある。

Unistyleなどの就活コラムを使った賢い業界研究のやり方


選考体験記を使って、エントリー戦略を練る方法を解説した記事。

選考体験記を活用して取り返しのつかない出遅れを防げ

 

Unistyle

 

外資就活ドットコム

gaishishukatsu.com

名前に騙されるな。割と多くの日系企業から、ITベンチャー、果てには国家公務員の情報・募集まで載っている(笑)。何というか、就活で人気のとこ、倍率高そうなとこ、意識高そうなとこが載っている。うん、“意識高い就活ドットコム”に改名した方がわかりやすい(笑)。当然だよね、そういうとこの方が金儲けになるんだもの。ほとんどが大学院の推薦で行くようなメーカーじゃ就活ビジネスにならん。

 

ここは選考体験記が豊富。これは実際に面接の様子、聞かれたこと、答えた内容などの生の情報だから参考になる。ここの選考体験記には以下のようなカテゴリーのものがある。いずれかに興味がある人は登録すべし。

  • コンサル・シンクタンク
  • 外資系金融・証券
  • 日経金融・証券
  • 商社
  • 外資系メーカー・サービス
  • 日系メーカー・サービス
  • 国家公務員
  • ITサービス
  • デベロッパー
  • マスコミ・広告
  • その他(JICA、JAXA、JETRO)

ほら、意識高そうでしょ?(笑)

 

ONE CAREER

www.onecareer.jp

ここもノリは“外資就活ドットコム”と同じ。違いはというと、就活記事が多い。それも意識高い(系の)やつが。2chまとめサイトのような中毒性があるので気を付けた方がいい。読みやすくて、読んでるときはフワフワした気持ちになって、読み漁っているうちに考えが凝り固まってしまう。そしてその割には結局大して役に立たない。例えばこんな感じ。

www.onecareer.jp

 

ここも選考体験記は豊富である。載っている企業は外資就活ドットコムのリストとほぼ同じ。そういうとこに興味がある人は登録すべきだが、フワフワした記事に流されないように。

 

みん就

www.nikki.ne.jp

既にインターンの選考を受けて結果が気になる18卒は登録してしまったかもしれない。これがかの有名な就活生のみの2ch(のようなもの)である。企業ごとの情報がまとまったページがあるのだが、何といってもここのメインは就活生が書き込む掲示板である。「誰がどう見てもお前落ちてるから(笑)」って状況でも、「追加で通過連絡来ないですかね?」とかしつこい奴がいて笑える。正直一番見なくてもいいサイトである。

就活経験者はこの2chまとめを見てみよう。久しぶりに昔を思い出して抱腹絶倒すること必至である。

nnt-sokuhou.com

 

総まとめ

  • 外資や日系大手に興味のある人は外資就活ドットコムとONE CAREERに登録すべし。特に選考体験記が役に立つ
  • 中小企業やグループ企業を探すにはマイナビとリクナビが便利
  • 目的意識を持たずにこういったサイトの膨大な情報に触れるな

 

就活サイトの情報は玉石混交である。ボケーっとしながら情報に触れまくるから混乱するのだ。就活サイトは賢く使って騙されないようにせよ

 

あなたへのおすすめ記事

Unistyleのような就活サイトで他人のESを参考にする際のポイント

トランプ大統領誕生に絶望してる18卒就活生へ

18卒が平常心で自分の将来を考えられるのは残り3ヶ月という事実

君の学歴、顔、頭じゃ三菱商事は絶対ムリです。就活産業の問題とは【閲覧注意】

記事一覧