読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

鉄鋼専門商社の業界研究と大手5社の解説(メタルワン・伊藤忠丸紅鉄鋼・日鉄住金物産・JFE商事・阪和興業)

【スポンサーリンク】

f:id:job-hunting-buddha:20161028000657p:plain

みなさん、こんにちは。

ブッダです。

 

本題に入る前に、最近頂いたコメントを紹介しよう。

 

通りすがりの商社マンさん

 

Mから始まる財閥系総合商社の30代営業(新興国赴任中)です。

商社業界など良く分析されていて、こちらが勉強になるくらいです。ちょっと大げさだけど。(笑)

就活頑張って、ぜひ同僚として入ってきてください。

 

いや~恐れ多いです(笑)。ありがとうございます。でも僕残念ながらもう就活生じゃないです(汗。でも財閥系商社に入れて頂けるならもう一度就活しようかな…

 

とあるMARCHさん

 

いつも楽しく拝見させて頂いております。

 

前回のコメントに返答頂いたゼネコン特集の記事読まさせて頂きました。大変参考になる情報ありがとうございました!

 

今回の記事でもSPIの対策になる優良記事の更新ありがとうございました!是非週末にでも受験致します。

 

記事のリクエストになってしまいますが、ニッチな業界特集として、プラント業界を読んだのですが、鉄鋼専門商社の記事を書いて頂ければ幸いです。

 

お忙しいところ恐れ入りますが、

何卒宜しくお願い致します。

 

いつもありがとうございます。ゼネコンはこのコメントを機に筆者も勉強しました。近いうちに記事にしたいと思います。

 

他にもツイッターで褒めて頂いたり、ブログの成長を感じる今日この頃です。始めてから4ヶ月になるけど、過疎ってた最初の頃とは大違いだ(笑)。記事のリクエストやESの添削依頼などは出来る範囲で対応しますので、今後も当ブログをよろしくお願いします。

 

さて、本題に入ろう。

 

今回のトピック

  • そもそも専門商社とは
  • 鉄鋼商社のランキングと種類
  • 中業界上位5社について解説
  • 鉄鋼バリューチェーン
  • 年収やら激務やらについて
  • 就活生へのアドバイス

 

そもそも専門商社とは

商社の役割については総合商社のビジネスモデルについて解説したこちらの記事で詳しく述べた。ここで軽く要約しておくと、そもそも商社のスタートは生産者と消費者の仲介だ。いちいち生産者と最終消費者や小さな小売商が取引をしていたら効率が悪い。生産者は商社を通せば一度にたくさん売れるし、小さな小売商は直接生産者には取り合ってもらえなくても、商社なら相手をしてくれる。この間に入る手間賃が商社の儲けとなる。

 

まあ、これは商社の機能の本当に基礎の部分で、今時これだけで食ってる商社なんて大企業なら皆無だろう。商社は生産者と買い手をつなぐ中で、他にも以下のような機能を担っている。

  • 情報の提供
  • 金融面でのサポート
  • 物流の効率化・面倒ごとの代行
  • マーケティング戦略の提供

要は単にモノを右から左へ流すだけでなく、これらによって更なる付加価値をつけている。

 

総合商社はこれを全世界で、あらゆる商品で行っているという点で“総合”なのである。一方、専門商社は機械・鉄鋼・化学品・医薬品・食品といった特定の商品に特化している。

 

総合商社は取引していた企業に出資して川上から川下までつなぐバリューチェーン戦略をとっており、世界でも稀なビジネスモデルとなっている(外国人投資家が理解しようとしないくらいだ)。専門商社で規模の大きな会社だと色々な機能を担っているだろうが、小さな会社だと行う仕事は原始的な商社の機能に限定される場合もあろう。「色々出来ると期待して入ったのに、この会社大したことできねーじゃん」とならぬよう、社員に実態をズバッと聞くべきだ(説明会の人事だとぼかした答えしてくるかもしれないから、OB訪問や座談会で営業社員に聞く方がいいかな)。

 

鉄鋼商社のランキングと種類

さて、専門商社の立ち位置がわかった訳だが、次のような疑問は湧かないだろうか?

  • 総合商社があらゆる商品を扱っているなら、専門商社とバッティングしないの?
  • デカいメーカーなら専門商社ぐらい作れないの?

実は専門商社は

  • 総合商社系
  • メーカー系
  • 独立系

と分類されることが多い。総合商社系は元一事業部だったのが独立したとか、総合商社が出資して作ったというパターンである。メーカー系も同じ。独立系はその名の通り自分らで事業をやってきた会社だ。

 

ということで、鉄鋼専門商社業界の2015年度の売上ランキングと分類を見てみよう。

  1. メタルワン:1兆9740億円(総・非)
  2. 伊藤忠丸紅鉄鋼:1兆9689億円(総・非)
  3. 日鉄住金物産:1兆9308億円(メ・上)
  4. JFE商事:1兆7564億円(メ・非)
  5. 阪和興業:1兆5118億円(独・上)
  6. 神鋼商事:7913億円(メ・上)
  7. 岡谷鋼機:7854億円(独・上)

※総は総合商社系、メはメーカー系、独は独立系。上と非はそれぞれ上場か非上場かを示す。これ以降は売上が2000億円以下に下がるので、ここで止めておいた。

 

3年分の売上、純利益の比較も載せておこう。

 

業界上位5社について解説

業界全体像が見えてきたところで、上位5社について詳しく見ていこう。

 

メタルワン

三菱商事60%、双日40%の出資で2003年に出来た。会社ホームページによると事業部は以下の通り。

  • 第一営業本部:重工業向け
  • 第二営業本部:自動車、電機産業向け
  • 第三営業本部:海外に特化。油田やインフラ事業向け
  • 線材特殊鋼・ステンレス本部:名前のまんま

 

伊藤忠丸紅鉄鋼

丸紅と伊藤忠商事が2001年に50%ずつ出資して作った(ちなみに丸紅と伊藤忠のルーツは同じ)。

 

[2016年11月10日追記]

現役商社マンの方から非常に参考になるコメントを頂きました.就活生の読者の皆様に知っていて欲しい情報なので,こちらへ転記させて頂きます.

 

メタルワンと伊藤忠丸紅鉄鋼では、1つだけ大きな違いがあります。伊藤忠丸紅鉄鋼は発足時に伊藤忠と丸紅の社員が「転籍」して退路を断っているのに対して、メタルワン発足時は双日社員だけが転籍し、三菱商事社員は「出向」になった人が多いです。社内の一体感は伊藤忠丸紅鉄鋼のほうが良いかもしれませんね。どちらも総合商社の子会社ですが、位置づけ的には本社の鉄鋼部門がスピンアウトしているだけですので本社と対等です。

 

採用ホームページでは“鉄鋼総合商社”なる謎の用語を唱えており就活生を惑わしている。まあ、真面目に解説すると、「上で言った商社の機能を鉄鋼限定だけどバッチリやってまっせ」ということだ。ホームページから画像を拝借して貼っておこう。

 

f:id:job-hunting-buddha:20161028000752p:plain

 

事業部の構成と手掛けているビジネスはメタルワンとほぼ同じなので紹介しないが、要注目なのは「伊藤忠丸紅住商テクノスチール」という2016年1月に出来た会社だ。小学生が必殺技に“ウルトラメガスーパーキングパンチ”って名付けるようなネーミングセンスでウケる(笑)。

 

日鉄住金物産

これはその名の通り新日鉄住金系列。ただし、東証一部上場で、新日鉄住金の持株比率は約36%(ちなみに2位は三井物産の約11%)。当然新日鉄住金の製品を扱うのだが、加えて原燃料(石炭とかコークス)の調達もやっているのが総合商社系との違いだ。そして意外なことに繊維や食糧事業もやっている。以下にセグメント別売上高と経常利益の構成比率を載せておこう。

 

f:id:job-hunting-buddha:20161028000853p:plain

 

JFE商事

もちろんJFEの系列。ただしこちらはJFEホールディングスの事業会社で非上場。やっていることは日鉄住金物産と同じように、JFEのサプライチェーン全体に絡むと思ってもらえればいい。ホームページにあった図を紹介しておく。

 

f:id:job-hunting-buddha:20161028000923p:plain

 

JFE商事も鉄鋼以外の事業をやっており、その他事業として

  • 船舶・産業資材
  • 食品(川商フーズ)
  • エレクトロニクス(JFEエレクトロニクス)
  • テールアルメ

が紹介されている。

 

阪和興業

ここは独立系。手掛けている事業は以下の通り。

  • 鉄鋼事業
  • 金属原料事業
  • 非鉄金属事業
  • 食品事業
  • 石油・化成品事業
  • 海外販売子会社
  • その他の事業(機械とか木材)

 

株主向けレポートからセグメント別売上高構成比を紹介しておこう。

f:id:job-hunting-buddha:20161028001007p:plain

 

中期経営計画によると、戦略投資で事業拡大を狙っている模様。平成30年度に売上2兆円を目標としている。総合商社系や2大メーカー系に匹敵する規模はあるし、“総合”っぽさを追求していくのかもしれない。少なくとも鉄鋼や金属だけだといつまでも安泰な保証はないので、事業の多角化は必須だと思う。鉄鋼業界の事情については新日鉄住金とJFEを比較した記事に書いてある。

 

鉄鋼バリューチェーン

せっかくだから、総合商社が掲げる鉄鋼バリューチェーンについても書いておこう。このブログでも何度か紹介した『新・現代総合商社論』から重要な点をピックアップする。

 

まず、鉄鋼バリューチェーンは以下のようになる。

f:id:job-hunting-buddha:20161028001035p:plain

 

この本は三菱商事の人たちが書いたものなので、例として三菱商事関係の会社が挙げられている。まず、最初の事業投資の部分では鉱山を買って地面を掘るのだが、海外の資源メジャーや他商社と共同で出資するという形態をとり、出資比率に応じて権益を得る。

 

こうして得られた原料は世界中の製鉄メーカーに供給される。この本によると、原料を日本の製鉄メーカーにわたす部分は三菱商事RtMジャパンという会社がやっているそうで、メタルワンは加工された製品を最終需要家に届ける部分を担う。確かにメタルワンは川上の部分はやっていない。

 

鉄鋼専門商社を受ける就活生は、常にバリューチェーン全体を意識しながら業界を見るとよい。そうすれば各社の違いや、業界内での力関係が浮かんでくるはずだ。

 

年収やら激務やらについて

まずはVorkersから月平均残業時間、そしてこのサイトから平均年収を引用してまとめておこう。

  • メタルワン:52.6時間・1160万円
  • 伊藤忠丸紅鉄鋼:39.4時間・1106万円
  • 日鉄住金物産:53.8時間・970万円
  • JFE商事:39.0時間・966万円
  • 阪和興業:52.7時間・1009万円

 

商社・鉄鋼のどちらにも激務で飲み好きなイメージがあるが、これがフュージョンした鉄鋼専門商社はどうやねんというと、もちろん飲み&激務である。これについてはこのブログの解説が面白い。

商社の鉄鋼出身は男芸者|JTT海外展開のブログ

 

まあ、最近はワークライフバランスについて厳しいから改善されつつあるだろうが、急にホワイトになることはなかろう。Vorkersのワークライフバランスに関する口コミを見ていても、基本的に「平日はプライベートなんて無い」「接待・ゴルフもある」「ノー残業デーに飲みに行く」といったコメントが多数派である。たまに「部署による」「時期による」「上司による」といったコメントや、「プライベートも十分確保できてます」といったコメントが散見される。

 

就活生へのアドバイス

とにかく自分の軸を明確にしなさい。

 

自分の軸を明確にして会社の志望度ランキングを作り、志望動機でオリジナリティを示せ。ぶっちゃけ鉄の製品で差別化するのは難しい。だって「やっぱ俺はJFE派。このパイプの曲がり具合がたまらん」なんてことはないんだし、大衆に売るんじゃないから「新日鉄の鋼管がAKBとコラボ」みたいなマーケティングの工夫も出来ない。したがって、会社間で一目瞭然な違いを挙げて志望理由にするのは難しめだ。

 

という訳で、総合商社、鉄鋼メーカー、そして鉄鋼商社間での違いを自分なりに解釈し、「自分にはこういう理由で御社が一番」と言えるように準備しよう。実を言うと、商社は「人が全てです」とやたら人間性推しをしてくるので(内定者はチャランポランな奴が多いくせによ)、「先輩やOB訪問で会った社員が魅力的だった」というのを面接で決め手として話すのは全然構わない。

 

もちろん、「バックにいる総合商社やメーカーに縛られずにビジネスをしたいから独立系」とか「グローバルに大きなことをしたいから総合商社系」という鉄板ネタでもいい。ただし、「なぜ君はそう思うの?」と聞かれて自分だけの理由を答えられるようにしておくこと。

 

ということで、そろそろ長くなってきたのでお終い。

それではこの辺で失礼する。

 

あなたへのおすすめ記事

鉄鋼大手2社(新日鉄住金・JFE)の違いを比較。鉄鋼業界の説明もあり

「OB訪問ってした方がいいの?」とかいう愚問をしてる就活生って…【社員で選びたければOB訪問を使え】

5大商社の違いや強みをクイズ形式で比較(三菱商事・三井物産・住友商事・伊藤忠商事・丸紅)

君の学歴、顔、頭じゃ三菱商事は絶対ムリです。就活産業の問題とは【閲覧注意】

ゴッド・オブ・激務高給のキーエンスを考察してブラック企業の秘密を徹底解説

18卒が平常心で自分の将来を考えられるのは残り3ヶ月という事実

記事一覧