読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

商社はじめ文系就職を考えている理系院生へ。茨の道を行く覚悟ある?

企業研究 企業研究-商社 就活情報 就活情報-就活生へのメッセージ

【スポンサーリンク】

f:id:job-hunting-buddha:20160828133642p:plain

 

みなさん、こんにちは。

ブッダです。

 

今回は商社など文系就職を考えている理系院生に向けて、何が求められているかを説明する。ズバリ企業が理系院生に求めるのは“高いスペックと熱い想い”だ

 

「研究ストレスたまるし、技術系の給料悪くね?それなら総合商社でも行ってモテモテ高給勝ち組ライフを歩むやで。最近は理系院生って就職有利なんやろ。行けるわ!」

 

こんな風に思っている理系院生たちよ、研究を進めながら、旧帝や早慶ばかりの中で勝ち抜く“高いスペックと熱い想い”はあるのか?

 

最近ではメーカー技術職以外の、いわゆる“理系の仕事”でない所でも理系院生の採用に力を入れているようだが、勘違いしてはいけない。彼らは“優秀な”理系院生が欲しいのであって、理系院生なら誰でもいい訳ではない。

 

では、“高いスペックと熱い想い”が具体的にどういうことか見ていこう。

 

文系就職をする理系院生が選考で見られる点

最初に言っておくが、企業の要求水準は高い。だって理系院生は2年多く生きてるんだから、学部生と比べて成長してて当たり前でしょ。

 

企業からすれば「学部でうちに入ったとしたら身につけられない何かを院の2年で得た人が欲しい。しかも、すぐに活躍できる地頭・ポテンシャルも欲しい。だって初任給高いし」と思うに違いない。大学院の2年で“研究そのもの以外の何か”を身に付けていない院生なんかわざわざ採る価値など無い。学部生を自分たちで鍛えればよいのだから。

 

能力面では何を求められるか

筆者が能力面で見られていると考えるのはこの3点だ。

  • 数字・ロジック・作文の力
  • 成熟した大人としての教養
  • 自分だけのプラスαの武器

 

この3点が揃った人こそ“高いスペック”を持った人である。自分のことや周囲の優秀な人を考えながら読んで欲しい。

 

数字・ロジック・作文の力

これは理系院生なら出来て当たり前。出来てない人は就活で何とか大企業に入ったところで、将来外国から来た新しい社長に「遊んで給料もらってる社員は修理しないと」って言われかねないから、今日から死ぬ気で頑張った方がいい。

 

数字の力に関しては、就活で定量的に測れるのが筆記試験くらいなので、そこでヘマしないように。まあ、普通に少し対策をすれば一般人よりは点を取れるでしょう。

 

ロジックの力に関しては、日々研究で鍛えられているから、基礎は絶対にあるはず。あとは“ビジネス向け”のロジカルシンキングを学べばよい。ロジカルシンキングの基本と、それをグループディスカッションで使う方法、面接で使う方法は以下の記事に書いてある。これだけ押さえておけば大丈夫だ。

野村総研(NRI)のロジカルシンキングセミナーを勝手にまとめ 

三井物産インターンの次の選考はグループディスカッション?去年と似たお題ならマジ楽勝 

野村総研(NRI)経コンインターン選考体験記~“構造化”とは何か? 

 

作文の力に関しても、卒論や学会投稿論文を書いてきたはずなので問題ないだろう。筆者は就活中に社員の人から「文章を書く力は仕事でも重要」とか「入社したらまず、日本語ちゃんと書けないのかって怒られるんだよね」と聞いたことがある。理系院生で論文をしっかり書き、教授から赤を入れられる経験のある人はESも同じような緊張感を持って書けば大丈夫だ。

 

成熟した大人としての教養

理系院生は普通の学部就活生より2年も長く生きている訳だ。若くて吸収力と熱意に富んだ時期における2年である。それはもう、学部生とは成熟度が全然ちがってて当たり前だ。研究が忙しくとも、2年も多く生きているのだ。本を読むなり、自学するなりして、成熟した大人としての教養を身につけていて当然である。

 

周りでずば抜けて優秀な人と、普通の人を比べてみよ。学部生の頃より差が広がっていないだろうか?優秀な人は手の届かないレベルまで行ってしまってないだろうか?ただ学生生活を延長しただけの2年を過ごした人と、勉強に励んだ人の2年では雲泥の差である。

 

さて、お説教はこの辺にして具体的に就活の面接に即していうと、たとえば商社で「総合商社の次のビジネスモデルって何か考えてる?」と聞かれたとしよう。もちろん、理系院生といえど学生なので、社会人に敵う訳がない。ただ、学部生以上に“知識に裏付けされた論理・思考”を見せられる解答をしなくてはならない。“元気のいい学部生がたどたどしくなりながらも、頑張って自分で考えてみました”という解答と同レベルでは許されない。

 

文系就職に興味がある理系院生よ。当然、政治、経済、世界情勢、ビジネスなどの勉強はしているな?これらに関する話では学部生以上に理解度と自分の見解が求められるのだよ。「社会のことはよくわからんわ~」って感じで、学科や研究室の仲間という狭い世界しか知らない人は、文系就職などやめておけ。

 

自分で勉強する覚悟のあるやつだけが狭い世界から飛び出し、広い世界へ進む資格があるのだ。

 

商社で言うと、このくらいの内容は理解しておけ。

総合商社のビジネスモデルとは?新・現代総合商社論から解説 

伊藤忠商事がグラウカスという奴らに虐められてる件を就活生向けに解説 

 

金融関係ならこれらの記事で述べている基本的な用語は知っていて当然。紹介してる本も難しいが、日頃論文を読んでいる理系院生なら読めて当然のレベルだ。

金融業界(銀行・証券・生損保など)志望就活生必見!金融用語まとめ 

金融(銀行・証券・生損保など)志望就活生必見!金融用語まとめ2 

 

こういうニュースも日々チェックして理解してて当然。

ニュースを読んだだけで思考停止している就活生へ。日銀政策決定会合について解説

 

言い忘れたが、TOEICの点も800点くらいは超えていて当然である。「理系だから英語は苦手」などという意味不明な発言をしている人は、文系学部生に心の奥でバカにされてるかもね。商社や外資コンサルを目指す意識の高い学部就活生では900点くらいとってる人は普通にいるから。まあ、英語を勉強するのから逃げたい人は、理系仲間同士で傷の舐め合いしてたらいいんじゃない。

 

自分だけのプラスαの武器

文系就職をするなら、自己PRが「研究をしっかりやってました」だけじゃ通用しない。だって入社後その知識を直接使う事は一切ないでしょ。したがって、“研究を通じて得た自分だけのプラスαの武器”で戦っていかなければならないのだ。

 

理系の技術者はある意味、美容師などと同じ専門職と思ってもよい。研究分野は細かく分けられているため、“○○の分野を研究している人”が欲しいとなれば、実質候補は限られてくる。“○○の研究をしていること”がいわば専門資格みたいなものだ。だから「研究をしっかりやってました」というアピールで十分なのだが、文系就職はそうはいかない。

 

プラスαの武器をどのように見出すか、アピールするかについては後日記事を書こう。とりあえずここでは文字数も多くなってきたので、ここまでにしておく。

 

【スポンサーリンク】
 

 

熱い想いとは何なのか?

文系就職する理系院生は「なんで文系就職しようと思ったの?」という問いに対し、“自分のこれまでの経験に基づき、しっかり勉強して考え抜いた、ロジカルな志望動機”を説明できなければならない。“熱い想い”とは、文系就職を決断した納得のいく理由を作り上げるまでの、よく勉強して考え抜く熱意のことである。

 

上で述べた成熟した大人としての教養とも関係するが、“勢いだけの学部生の熱意”とはまた違う。「先輩もたくさん行ってるし、絶対商社がイイっす。ウホウホ」という体育会系学部生と同じ意味の熱さではない。あえて周りと同じ研究→技術系というレールから外れる道を選んだ想い、その想いに対して見合うだけの努力を見せる必要がある。

 

また商社を例に出して説明しよう。よくある志望動機は「○○の研究をしていた。だが、アカデミックな世界に止まり、現実の問題を解決するのには遠かった。自分は今○○で困っている人たちのために何かしたいので、研究の道よりはビジネスを通じて直ちに○○解決に貢献する道を選ぶ」といった内容だ。

 

こういった志望動機の場合、「本当に商社でなければダメなのか?メーカーの開発部門じゃダメな理由は?」とか「○○の解決のアプローチを他に考えたか?」、「違う分野からでも○○の解決に間接的に貢献できるのでは?」といった点を考え抜け。もちろん考えるだけで思い付かないなら勉強だ。そうやって考え抜いた結果、「やっぱり商社しかないと思います」と熱く語ることが出来れば、企業も高評価をしてくれるのは間違いない。

 

ここまでのことを当たり前のように出来る奴らとバトルする

ここまで読んで、文系就職する理系院生は大体どんな風に就活を進めるべきかわかってきただろうか?

 

残念ながらこれらは出来て当たり前のことなので、これが出来たからといって「商社マンになってモテモテや。研究に明け暮れた大学生時代の失った青春を取り戻すで。ムフフ」とはいかない。

 

企業だって理系院生が欲しいとはいえ、いくらでも採る訳じゃない。色んな人材をバランスよく採りたいのだ。したがって、理系院生は理系院生同士でバトルをすることになる。それも色んな分野から、わざわざ文系就職しようという意識の高い理系院生たちと。

 

上述の通り、本当に意識を高く持って生きている人とは、時間が経てばたつほど差が大きくなる。優秀な理系院生は本当にモンスターみたいな奴がゴロゴロいるのだよ。だから茨の道を行く覚悟があるかってタイトルで聞いたのだ。

 

最後に

理系院生は甘い気持ちで文系就職をしない方がいい。研究を犠牲にして就職活動に時間を費やし、もし失敗した場合、“研究が自己PRのメイン”である理系就職で戦えるだろうか?もちろん先に文系就職を経験していれば面接慣れしているとはいえ、肝心の語る中身である研究がスカスカなら意味がない。

 

もう一度言うが、必死でビジネスや経済を勉強する覚悟はあるな?TOEICの点が低いなら勉強するんだろうね?

 

研究室の同期はインターンも全く行かず、律儀に3月1日から就活を始めるかもしれないが、自分ひとりでモチベーションを維持することは出来るな?

 

そして何より理系としてこれまで過ごしてきた数学・理科の世界から離れる覚悟はあるな?

 

この記事を見て気持ちが揺らいできた人は、一ヶ月ほど死ぬ気で勉強し、考えてみることを勧める。何か新しい世界が見えてくるはずだし、もしそれで理系就職を選ぶことになっても、その時には勉強の習慣がついているはずだ。生涯勉強を続けることが出来れば、理系の中でも周りに差を付けられる。

 

ということで、今回はここまで。

 

あなたへのおすすめ記事

「就活では40年働く会社を選ぶ」とか言ってるアホたちへ

君の学歴、顔、頭じゃ三菱商事は絶対ムリです。就活産業の問題とは【閲覧注意】

「OB訪問ってした方がいいの?」とかいう愚問をしてる就活生って…【文系就職した先輩の話を聞け】

メーカーの業界研究記事【メジャーどころ多数】

ゴッド・オブ・激務高給のキーエンスを考察してブラック企業の秘密を徹底解説

理系院生に必要な就活情報を全部書く(時期・推薦・エントリー数・面接のコツなど)

記事一覧