読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

面接やGDにおける筆者の経験やテクニックなど細かな点について

選考対策 選考対策-面接

【スポンサーリンク】

f:id:job-hunting-buddha:20170315071006p:plain

 

みなさん、こんにちは。

ブッダです。

 

今回は面接対策シリーズの最終章で、筆者の経験やテクニックなど細かな点について書く。準備から逆質問まで基本的なことはこれまでに書いたから、最後は何かの足しになればいいと思う細かな点を補足しておく。

 

面接対策シリーズ

面接の準備を行う方法を解説~よくある質問例に答えを作っていこう~

面接本番で質問に答える際の4大重要ポイント

必ず面接の記録をつけて反省をしよう。絶対質問と自分の回答をメモっておくべき

面接の逆質問を考えるときは「なぜその質問をするの?」と自問自答せよ

就活生は絶対にスーツのシワ・ホコリ取りと靴磨きをやれ

最終面接は細かな対策より運と度胸が大事

 

今回のトピック

  • GDのテーマを予想する
  • GDで「これはアカン」と思ったらリスクをとれ
  • 面接慣れし過ぎに注意
  • 圧迫面接を見抜く
  • 面接官のリアクションを見る
  • 集団面接で自分だけ選考状況を聞かれたら…
  • 筆者が実際にされた変な質問

 

GDのテーマを予想する

もしグループディスカッションのテーマが事前にわかったら突破率が飛躍的に上がるはず。だからGDのテーマを事前に考えて、回答をシミュレーションしたらいい。実際に筆者は一度ある会社でGDのテーマを的中させ、議論を完全にコントロールしたことがある。もちろん合格。

 

ではどうやってテーマを予想するのかというと、

  1. 選考体験記を読む
  2. 定番のお題は一通りシミュレーションしておく

というやり方が考えられる。

 

①選考体験記を読む

選考体験記を数年分読むと、毎年時事ネタが絡んでるとか、「我が社の新規事業を考えよ」みたいなテーマじゃんといった風に、傾向が見えてくる会社もある(全部の会社で上手くいくとは限らないが)。筆者が予想を的中させたのもこのパターン。仮に予想が当たらなくても、傾向が似ているお題なら過去問を解くことがいい訓練になるので、選考体験記のチェックは重要だ

選考体験記を活用して取り返しのつかない出遅れを防げ

 

②定番のお題は一通りシミュレーションしておく

GDのテーマはざっくりと以下のように分類される。

  • 抽象型:「リーダーに必要な資質とは」や「グローバルな人材とは」など
  • ケース型:「コンビニの売上を2倍にする方法を考えよ」など
  • フェルミ推定:「日本全国にある宅配ピザ屋の数はいくつか」など
  • 資料型:資料を読んでケース型のような問題を考える

 

資料型は無理としても、他のタイプについては少なくとも定番のお題を事前に解いておくと、ほぼ同じようなお題が出たときに戦いやすい。

三井物産インターンの次の選考はグループディスカッション?去年と似たお題ならマジ楽勝

フェルミ推定のコツと例題を解説!外資コンサル志望でなくても必見

 

GDで「これはアカン」と思ったらリスクをとれ

筆者はGDでガツガツしゃべるタイプだったのだが、ある会社では協調性が見られると噂に聞いたので、人にたくさん話を振るようにしてみたことがある。そのときは運悪くお題がかなり抽象的だったので、議論がまとまらないまま時間が残り僅かとなり、ヤバいと思っていたが、最後までグイグイ議論を引っ張ることはしなかった。その結果、クソみたいな回答しか出せず、惨敗した。社員からフィードバックで言われたのが、「もっと積極的にリスクをとって議論を主導する人が出てきて欲しかった」というコメント。

 

GDで失敗するパターンとしては、皆がガツガツしゃべって意見がまとまらないか、逆に大した意見が出ずに時間が過ぎていくパターンが挙げられる。筆者の失敗は後者に該当する訳だが、教訓として言えることは、予め「残り〇分で意見がまとまっていないときは自分が強く主張して回答まで引っ張る」と決めておいた方がいい

 

面接慣れし過ぎに注意

筆者は「早めに練習台企業を受けて面接慣れしろ」と繰り返してきたので、読者の方は「どっちやねん」と思うかもしれない。ここで言いたいのは、面接慣れは大事だけど、慣れすぎると落とし穴があるから気を付けようということだ。

 

例えば、「これまでに人に殺意を抱いた経験はありますか?」と質問されたとしよう。何と答えるのが正解だろうか?

 

人として正しい回答は、「えっ!?」と驚いたリアクションをしてから、「そりゃ人に腹をたてた経験は当然何度もありますが、殺意なんてそんな…」と困惑気味に答えることだ。自分史年表が完璧に仕上がってて、即座にエピソードを挙げつつ完璧に答えたら、面接の準備としてはパーフェクトだが、常識的にアウトである。

 

殺意の質問は極端な例としても、就活後半で面接慣れしてくると何でもかんでもポンポン答えられるようになってくるが、思わぬ落とし穴にはまらぬように。婚活パーティーで緊張し過ぎて喋れないとカップル成立は難しいが、逆に慣れ過ぎてる人にもときめかないのと似てるか(笑)。

 

【スポンサーリンク】
 

 

圧迫面接を見抜く

圧迫面接はビビったり逆上したら負けだ。不快なのはわかるが、営業・接客・コンサルといった職種では入社後に客から理不尽なことを言われても耐える資質が必要であり、それを見るために敢えて圧迫してるのだ。面接官がドSで趣味で就活生をいじめてるんじゃないので、「おっ、きつめのリアクション来たか」と思ったら、「面接官さんも圧迫の演技するの大変やな。ご苦労様です」と思えるくらいの余裕を持って対応しよう。慣れてきたら演技が下手な人の圧迫は見抜けるよ(笑)。

 

面接官のリアクションを見る

上記の圧迫に限らず、面接官のリアクションを観察するのは重要。面接官も人間なんで、素直に「え?」とか「うーん」といったしょっぱいリアクションをすることがある。そんな反応をされたときは自分の発言がイマイチだったということ。面接の記憶が鮮明なうちにしっかり反省することだ。逆にどの面接官からもウケがいい話は自分の武器として認識し、積極的に使っていこう。

必ず面接の記録をつけて反省をしよう。絶対質問と自分の回答をメモっておくべき

 

集団面接で自分だけ選考状況を聞かれたら…

筆者は集団面接で自分だけ「他にどの業界受けてる?」「その会社は技術系で受けてるの?」などなど細かく聞かれたことがある。これは合格の可能性が高いんじゃないかなと思ったし、実際合格してた(ほかの連中の末路は知らん)。

 

まあ、そんなことを推測しようと結果は変わらないのだが、集団面接では他の人の話や面接官の反応を観察するべき。普通に「今の○○さんの話について、××さんはどう思いますか?」などと話を振られることがあるし、人の振り見て我が振り直せという諺がある訳で、他人のやり取りも格好の勉強材料である。自分のことばかりで頭がいっぱいのようではまだまだ面接慣れが足りない。

 

筆者が実際にされた変な質問

  • あなたを表す単語5個挙げて
  • 人生で楽しかった思い出3個挙げて
  • もしうちの○○部がなければどうする?志望度は変わらない?
  • 雰囲気は悪いが評価される会社と、雰囲気はいいが評価されない会社、どっちがいい?
  • 友達は多いか少ないか
  • 飲み会でビールの次に何頼むの?

 

最後に

今回挙げた点は細々としたことが多く、全部出来るようになっておく必要はないと思う。ただ、何かの拍子に、「あっ、そういえばブログであんなこと言ってたな」と役に立てば幸いと思って書いた。まずはこれまでの面接対策シリーズで述べた基本を完璧にしてもらいたい。

 

そろそろ本選考のES提出やらテスト受験で忙しくなるけど、心身の健康に気を付けて頑張りましょう。それじゃあ今回はこの辺でおしまい。

 

選考の準備に関する記事

就活生は志望度・エントリー数・時期の3点を最適化したポートフォリオを作れ

SPIと玉手箱の練習台に使える企業を紹介(みんなでもっと情報共有しよう)

就活初心者パック作りました(基本的な記事のまとめ)

理系院生に必要な就活情報を全部書く(時期・推薦・エントリー数・面接のコツなど)

 

面接対策シリーズ

面接の準備を行う方法を解説~よくある質問例に答えを作っていこう~

面接本番で質問に答える際の4大重要ポイント

必ず面接の記録をつけて反省をしよう。絶対質問と自分の回答をメモっておくべき

面接の逆質問を考えるときは「なぜその質問をするの?」と自問自答せよ

就活生は絶対にスーツのシワ・ホコリ取りと靴磨きをやれ

最終面接は細かな対策より運と度胸が大事

 

その他おすすめリンク

色んな業界の記事がそろってる業界研究シリーズはこちら

就活生に自己分析のやり方を紹介!自分史年表を作ることから始めろ

記事一覧