読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

就活生向け業界研究・企業研究のやり方【改良版】

企業研究 企業研究-企業研究のやり方

【スポンサーリンク】

f:id:job-hunting-buddha:20161012235156p:plain

 

みなさん、こんにちは。

ブッダです。

 

以前業界研究・企業研究のやり方について記事を書いたのだが、今になって読み返すとイマイチな出来だと感じたので、今回書き直すことにする。筆者が就活時にやっていた業界研究のやり方に加え、当ブログの執筆で得たノウハウも追加されているので、是非参考にして欲しい。

 

業界研究・企業研究の目的

業界研究・企業研究の定義が曖昧なので、具体的に以下の目的を達成するための情報収集と定義しよう。

  1. 業界・会社についてザックリ知る
  2. 業界・会社について踏み込んだ内部事情を知る
  3. 自分がその業界・会社で働くという観点から情報を集める
  4. 選考に関する情報を集める

 

それぞれのやり方と注目ポイントは以下の通り。

 

①業界・会社についてザックリ知る

会社のホームページ、決算、ビジネス誌、日経新聞などのニュースのみで行える。売上や利益といった客観的なデータで企業を分析する。

 

②業界・会社について踏み込んだ内部事情を知る

個別説明会、OB訪問、インターンなどで社員から直接話を聞く。最近のニュースに対する社員たちの受け止め方、公になっていない業界内の変化など、自分で問題意識を持って情報を聞き出す。

 

③自分がその業界・会社で働くという観点から情報を集める

個別説明会、OB訪問、インターンなどで社員から直接話を聞く。または転職サイトの口コミを見る。社風、残業時間、勤務地、福利厚生・年収など、自分が働くうえで重視する軸に沿って、自分が必要とする情報を集める。

 

④選考に関する情報を集める

合説・個別説明会に参加。採用ホームページを見る。インターンやOB訪問で若い社員の体験談を聞く。知人の内定者から体験談を聞く。就活サイトの選考体験記を読む。リクルーターが付くか、特別な対策が必要な選考があるかといった点を確認するのが重要。

 

今回はこのうち、①についてのみ解説する。②については以下のインターンへ行く前の準備のやり方を書いた記事、OB訪問体験記を参考にして深堀するべきポイントをつかんで欲しい。

18卒就活生が夏のインターンで絶対やるべき4つのこと

日本郵船OB訪問体験記~仕事内容や社風、面接対策まとめ

総合商社OB訪問体験記~商社マンなんて仲介人か組織の歯車~

 

また、③については自己分析について書いた記事を参考に、自分の軸を見つけよ。

電通社員が過労死。就活生に本当に激務高給を希望するのか聞きたい

就活生に自己分析のやり方を紹介!自分史年表を作ることから始めろ

 

④については、「出遅れた」、「知らなかった」では済まされない。企業が情報をオープンにしてくれるのをのんびり待っていてはダメだ。興味を持ったらすぐにONE CAREERや外資就活ドットコムあたりの選考体験記を見てみよう。

 

という訳で、ここからは①の「業界・会社についてザックリ知る」を行う方法を解説していこう。

 

業界・会社についてザックリ知る手順

まずは最低限調べるべきポイントを紹介しよう。

  1. 業界地図でどの業界に属すのか調べる
  2. 「製品情報」あるいは「事業内容」を見て、何をやっているのか理解する
  3. セグメントの分け方と「製品情報」あるいは「事業内容」を照らし合わせて、何をやっているか整理する。セグメント別売上高比率を調べる
  4. 「業績ハイライト」または「アニュアルレポート」から売上、純利益を調べる

 

これで「何をやってて、どこが強いのか」をザックリ知ることが出来る。では、先日飲料大手4社の比較で紹介したキリンを例に、どうやって上記の手順を進めるか見ていこう。

 

①業界地図でどの業界に属すのか調べる

業界地図というのはこんな本だ。似たようなものが何種類かあるが、どれでもそう大差はない。

 

これで大まかな業界の様子をつかみつつ、比較するべき企業をピックアップせよ。キリンの場合、ビールというカテゴリーではサントリー、アサヒ、サッポロと合わせて見るべきだろう。清涼飲料という観点なら、コカ・コーラ、サントリー、アサヒ、伊藤園あたりで比較するべきだ。

 

②「製品情報」あるいは「事業内容」を見て、何をやっているのか理解する

キリンと聞けば「キリンビール」やら「キリンレモン」を思い浮かべるだろうが、意外とキリンだと知らなかった製品があったり、こんなこともやってるんだという発見がある。

 

キリンの場合、キリンホールディングスの企業ホームページに行き、「企業情報」→「事業内容」と進んで、以下のページにたどり着く。

 

f:id:job-hunting-buddha:20161013000140p:plain

 

「日本綜合飲料事業」ではお馴染みのジュースや酒が並ぶが、「海外綜合飲料事業」、「医薬・バイオケミカル事業」では、「海外でも色んな飲み物を売ってるんだ」とか「医薬系のこともやってんの!?」と思ったことであろう

 

③企業ホームページの「投資家情報」へ行き、「セグメント情報」か「アニュアルレポート」を探す。セグメント別売上高比率を調べる

大体キリンがどんなことをやっているのか分かった上で、「IR・投資家情報」→「財務・業績」→「セグメント情報」と行くと、以下のセグメント別売上高比率が見れる。

 

f:id:job-hunting-buddha:20161013000327p:plain

 

キリンの場合、事業内容とセグメントの分け方が同じであり、極めてシンプルに「何をやってて、どこが強いのか」がわかった。

 

④「業績ハイライト」または「アニュアルレポート」から売上、純利益を調べる

セグメント情報のちょっと上に「業績ハイライト」という項目がある。ここに行くと以下のような業績データが得られる。

 

f:id:job-hunting-buddha:20161013000357p:plain

 

キリンは親切にも5年分のデータをグラフにしてくれている。不親切な企業の場合は自分でデータをエクセルに打ち込んでグラフ化するしかない。また、業界内で他社と比較するときも自分でエクセルに打ち込む必要がある。確かに面倒なのだが、自分でグラフを作れば理解度は遥かに上がる。しっかり研究したい業界では自分で手間暇かけよう。サクッと情報を集めたいときは、グーグル検索して(当ブログのような)親切なサイトを探そう(笑)。

 

【スポンサーリンク】
 

 

もう一歩発展した業界研究・企業研究のやり方

上記の内容だけだと少し物足りないだろう。(筆者の記事のような)深い業界研究を行うには、以下の手順を実行せよ。

  1. アニュアルレポートのトップメッセージや社長メッセージを読む
  2. セグメント情報について詳しく読む
  3. 同業他社との違いを考える
  4. 業界に共通する課題を考える

 

①アニュアルレポートのトップメッセージや社長メッセージを読む

「アニュアルレポートって何やねん」という人はいないことを願うが、一応説明しておこう。アニュアルレポートは株主向けに毎年会社の情報を公開する報告書である。上場している企業は9割がた出しており、「投資家情報」→「IRライブラリ」と進めばダウンロード出来る。キリンの場合、「KIRIN REPORT」という名前で出されている。

 

アニュアルレポートは就活生より遥かに真剣に企業研究をしている株主たちへしっかり事業報告をするものなので、メチャクチャ詳しい情報が載っている。しかし、いきなり会社も業界も知らない就活生が全部読もうとすると挫折するし、無駄な情報も多いので、ポイントを絞って読もう。

 

絶対読むべきなのはトップメッセージあるいは社長メッセージだ。ここで去年一年間の総まとめと今後の展望が述べられているからだ。

 

KIRIN REPORTでは10ページにトップメッセージが載っている。重要なポイントを抜粋しよう。

 

2016年中計では、ビール事業の収益基盤強化に資源を集中するとともに、ブラジルキリン、キリンビバレッジなどの低収益事業の構造改革を徹底的に実行すること、医薬・バイオケミカル事業を飛躍的に成長させていくことを骨子としています。また、キリングループが持つ優位性のある技術基盤を活用して、競争軸を「ボリューム(量)」から「バリュー(価値)」へ変える取り組みを加速させていきます。

 

ブラジルキリンの徹底した構造改革に着手しました。ブラジルキリンの業績悪化により減損処理を実施したことで最終損益は赤字となりましたが、価値創造主導型の成長とメリハリをつけた経営資源の配分には確かな手ごたえを感じた一年となりました。

 

これを読んだら、「ブラジルと国内清涼飲料が儲かってないんか。特にブラジルが最終赤字の原因なんやな。医薬・バイオケミカルに力を入れるんや」とすぐにわかる。そして次のセグメント情報で深く掘り下げていくのだ。

 

②セグメント情報について詳しく読む

再びホームページの「セグメント情報」に戻ると、以下のセグメント別営業利益比率が載っている。

f:id:job-hunting-buddha:20161013000656p:plain

 

これを見ると、確かに国内事業は売上は出ているものの、儲かってはおらず、医薬・バイオケミカル事業は、規模は大きくないが利益に貢献していることがわかる。

 

また、KIRIN REPORTの75ページにはブラジルキリンについて解説があり、営業利益が赤字であるとわかる(これがどういう意味なのかはこの記事で解説してる)。さらに「キリン ブラジル」とグーグル検索すれば以下のようなニュース記事がヒットするので、より詳しくどういう経緯があったのかわかる。

 

toyokeizai.net

 

③同業他社との違いを考える

ここまでやってきたようなことを冒頭でピックアップした比較対象の同業他社でも行えば、自ずとそれぞれの違いが浮かび上がってくるだろう。先日の記事では、ビールシェア、清涼飲料販売シェア、海外売上高比率という点で4社を比較した。

 

また、各社のセグメントをよく見てみると、サントリーの外食やハーゲンダッツ事業、サッポロの不動産事業など、事業を多角化しているのが垣間見える。こういったバランスのとり方も比較ポイントになる。

 

④業界に共通する課題を考える

飲料業界が直面する課題として「日本は人口減で市場縮小」とか「若者の酒離れ」などはすぐに思い付くだろう。で、具体的にキリンがどう対策をしているのかというと、KIRIN REPORTの7ページに以下のような図が描いてある。

 

f:id:job-hunting-buddha:20161013000950p:plain

 

  • 成長市場の取り込みとしてミャンマーを攻める
  • 医薬・バイオケミカルを育てて多角化
  • 成熟市場ではマーケティング勝負

ということがわかる。他社はどのように共通の課題に対応しているのだろうか?「サントリーもアサヒも海外の会社を買収してたよな。キリンとどう違う戦略なんだろう?」、「キリンは47都道府県のビールを出してたけど、他社のマーケティングはどうなっているのだろう?」などなど問題意識はいくらでも湧いてくるはずだ。ここから先が最初に紹介した業界研究・企業研究の4つの目的のうち、二つ目の「業界・会社について踏み込んだ内部事情を知る」につながっていく。

 

最後にまとめ

長くなったので最後におさらいしておこう。

業界研究・企業研究の4つの目的
  • 業界・会社についてザックリ知る
  • 業界・会社について踏み込んだ内部事情を知る
  • 自分がその業界・会社で働くという観点から情報を集める
  • 選考に関する情報を集める

 

上記のうち、①の進め方【基本編】
  1. 業界地図でどの業界に属すのか調べる
  2. 「製品情報」あるいは「事業内容」を見て、何をやっているのか理解する
  3. セグメントの分け方と「製品情報」あるいは「事業内容」を照らし合わせて、何をやっているか整理する。セグメント別売上高比率を調べる。
  4. 「業績ハイライト」または「アニュアルレポート」から売上、純利益を調べる

 

さらに踏み込んで調べる手順
  1. アニュアルレポートのトップメッセージや社長メッセージを読む
  2. セグメント情報について詳しく読む
  3. 同業他社との違いを考える
  4. 業界に共通する課題を考える

 

自分がやりたいことを見つけるために、そしてビジネスの理解度で他の就活生に差をつけるために、企業研究はしっかり行うべきだ。「ワンキャリ編集部が総力をあげてお届け」してくれる薄っぺらい業界研究記事だけ読んで満足してるようではダメだ(まあ、ゼロから始めるときの導入くらいにはなるが)。自分で手を動かして、頭を使って考えることで賢くなるのである。確かに大変だが、必ず大きなリターンが得られる。頑張って頂きたい。

 

それではこの辺で失礼する。

 

財務諸表を使ってもっと進んだ企業研究をしたい方へ

就活生が財務諸表の読み方を学ぶべき3つの理由

就活生のための10分財務諸表講座①~損益計算書とは

就活生のための10分財務諸表講座②~貸借対照表(バランスシート)とは

就活生のための10分財務諸表講座③~キャッシュフロー計算書とは

 

筆者の業界研究記事を見てみよう

Unistyleなどの就活コラムを使った賢い業界研究のやり方

飲料大手(サントリー・キリン・アサヒ・サッポロ)の違いを比較

NTT・KDDI・ソフトバンクの違いを比較!就活生へのメッセージもあり

生保業界大手(かんぽ生命・日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の違いを比較

総合電機大手(日立・東芝・三菱電機・パナソニック・富士通・NEC・ソニー)の違いを比較

企業研究 カテゴリーの記事一覧