読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

就活生に贈るゴルゴ13の名言10選

就活情報-就活生へのメッセージ 就活情報

【スポンサーリンク】

f:id:job-hunting-buddha:20160907225440j:plain

 

みなさん、こんにちは。

ブッダです。

 

最近は他のブロガーさんに当ブログを評価して頂いたり、Twitterのフォロワーさんから記事のリクエストが来たりと、ブログ運営が順調に軌道に乗ってきた。ただ、ガチガチの真面目な記事ばかりなので、たまには一風変わった記事を書こう。今回は筆者が好きなゴルゴ13がテーマだ。

 

ゴルゴ13といえば最近はもっぱらネタキャラ扱いされているのだが、意外にも就活生に役立つ名言が多かったのだよ(半分くらいはこじつけだが(笑))。まあ、就活の息抜きに気軽に見てくださいな。

 

就活生に贈るゴルゴ13の名言10選

  • Part 1. 真面目な名言
  • Part 2. ネタ名言

 

就活生に贈るゴルゴ13の真面目な名言

①…10%の才能と20%の努力…そして、30%の臆病さ…残る40%は“運”だろう…な…

 

先にゴルゴ13のことがよくわからない人に、軽くゴルゴについて説明しておこう。ゴルゴ13は殺し屋である。依頼一件当たりの報酬は破格の値段だが、請け負った仕事は必ず成功させるプロ中のプロである(2千万くらい積めば嫌いな奴を撃ち殺してもらえるぞ)。ゴルゴの仕事は常に死と隣り合わせなため、ゴルゴは異常なまでに警戒心が強い(「俺の背後に立つな」ってセリフは有名だし、度々ネタにされる)。

 

そのゴルゴがプロとして成功する条件を聞かれたときに答えたのが上の名言だ。就活で成功する条件もだいたい似たような比率である。射撃も格闘も超一流なゴルゴ13ですら、「自分はウサギのように臆病」と自覚し、準備、警戒、対策を怠らないのだ。一般ピープルに過ぎない諸君らワンオブ就活生が「何とかなるやろ」などと油断してはいけないし、「ES間に合わなかった」とか「説明会寝てて遅刻した」などと言ってるようではNNT(無い内定)まっしぐらである。危機感を持て。

 

ただ、どれだけ危機感を持っても、“運”に恵まれなければ結果が伴わないこともある。就活では“運”というよりは“縁”と言うべきか。そういったことを受け入れて気持ちを切り替えるのも大切だ。

 

②…時代を逆行させる事は、誰にも出来ない…思い出は懐かしむだけにしておく事だ…

 

上位大学に所属しているというだけで「中小はムリ」、「あの会社じゃ嫌」と言っている人。堕落した大学生活を送った結果、「見た目は大人、頭脳と精神年齢は子供」になってしまったことでしょう。人生で一番賢かった大学入学直後は懐かしむだけにしておけ。いつまでも変なプライドを持ち続けないように。

 

③俺は、ただ…依頼者が絶対的に求める、技量と、価値観を身につけるよう心がけているだけだ…

 

まさにプロ中のプロの御言葉。皆さん就活生も将来はこれくらい一流の仕事人になって欲しいものだまあ、希望に燃える男子就活生も20年後には、僅かな小遣いを貯めて月一でキャバクラに行くのが唯一の楽しみな、ハゲ散らかしたサラリーマンになってるだろうが)。

 

④…普通の世界なら未熟は恥じる事ではない…だが、俺たちの世界では、未熟なものに、“いつか”は、決して訪れない…

 

戦場で撃たれて瀕死の若者が言った、「いつか俺もあんたみたいになってやる」と…。それに対してゴルゴが言った名言(死にかけなのに辛辣過ぎて草w)。

 

就活生も本命企業の選考は一回きりの勝負だ。「“いつか”俺も三菱商事に入ってやる」と言ったところで、来年受けなおすのかい?日々努力を怠らないようにせよ。

 

⑤この場を逆転できる手段があったのなら、余計な口を利いてないで行動することだ

 

「やっぱ五大商社は俺みたいなF欄じゃ…」とか「体育会系有利過ぎやろ…」とか言ってる暇があれば努力しろ。すぐに行動を始めろ。無能な奴ほど言い訳が多いのだ。

 

⑥ネットの中では、大人も子供も、男も女もないんじゃないか?

 

以前、三井物産内定者のミス慶応女子が、電車で歯抜けのおじいちゃんを盗撮して投稿したツイートが晒し上げられて炎上した(内定取り消しになったとか)。皆さん就活生もネットの使い方には注意せよ。また、ネットでの発信だけでなく、受信についてもリテラシーを向上させよ。みん就や2chの話を真に受けないように。

 

ネタ名言

⑦ふふふ…女は信用しないことだ…

 

f:id:job-hunting-buddha:20160907230045j:plain

 

ゴルゴと言えば無口でクールな男として描かれているが、実は連載開始当初は“チョイ悪”みたいなキャラだったのだよ。口数が多かったり、ドジをやったり、キャラが定まっていなかったのだ(長期連載のマンガではありがちだ)。

 

その時代のゴルゴが言ったセリフがこれ。“リクラブ()”とか“美人事”とか言って鼻の下を伸ばしてる男は要注意だ。男子は女体の前ではIQが30くらい下がることを自覚した方がいい。就活の目的を勘違いせぬように…。

 

⑧メールでは困る

 

f:id:job-hunting-buddha:20160907230159j:plain

 

これ、コラ画像ではなく、正真正銘ゴルゴが言ったセリフである。忘れたころにお祈りメールが来るとか、インターンの詳細は登録した人にのみ後日メールで伝えるとか、何かと就活生はメールに悩まされるのだ。

 

⑨“利き腕”を人にあずけるほど、俺は“自信家”じゃない…だから握手という習慣も…俺にはない

 

上述の通り、ゴルゴ13は常に死と隣り合わせの生活を送っている。したがって、いつどこで命を狙われているかわからず、握手で利き腕を人に委ねるような危険な真似はしないという訳だ。

 

就活生は内定獲得後、意思確認面談が行われることが多い。ここで人事と握手をするのだが、企業によってはオワハラを迫ってくる場合がある。最後まで気を抜かず、軽々しく握手はしないことだ(無理やりこじつけた感)。

 

⑩俺は…それがどんな権力だろうと、特定の相手を顧客に持つ気はない…

 

f:id:job-hunting-buddha:20160907230258j:plain

 

どんな悪人であろうと、ゴルゴ13のルールを守りさえすれば、彼に殺しの依頼をすることが出来る。一方、アメリカ大統領だからといって、ゴルゴを思いのままに雇ってこき使うことは出来ない。

 

そんな一匹狼を貫くゴルゴ13の矜持を就活生も見習え。“一流企業の人事様”にはしもべのようにヘコヘコ頭を下げちゃってさ…。三菱商事の採用担当に「オイ、俺の靴を舐めろ」と言われたら笑顔でペロペロする就活生は何人いることか…

 

最後に

前半は割と真面目に、それなりにいいことを言ったつもりだ。まあ、盛大に滑ったら二度とこういう企画はしないでおこう。

 

それではこの辺で失礼する。

 

あなたへのおすすめ記事

面接で「君の就活の目的は何?」と聞かれたらどう答えるの?

夏のインターンをしっかり振り返って就活に活かせ 

就活中に彼女と別れたけど質問ある?~就活と恋愛と幸せの話