読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

新日鉄住金エンジとJFEエンジの違いを比較

【スポンサーリンク】

f:id:job-hunting-buddha:20170121110922p:plain

 

みなさん、こんにちは。

ブッダです。

 

今回は超マニアックな業界研究記事で、新日鐵住金とJFEホールディングス傘下のエンジニアリング会社を比較する。ただ、面白いことに、当ブログの12月の業界研究記事アクセス数1位はプラント業界の記事なのである。本記事執筆時における1月のランクでも5大商社の記事に次いで2位を維持している。意外とプラント業界って人気のようだ。新日鐵住金とJFEを比較した記事も安定した人気だし、超マニアックと言いつつも需要はあるんじゃないかと期待している(そうじゃないと書かないし笑)。

 

プラント業界の基本的な知識(プラントの種類やEPCビジネスとか)は知っている前提で書いてるから、プラント初心者は先に以下のプラント業界の記事を読んどいた方がいい。

グローバルで給料が高いプラントエンジニアリング業界って知ってる?

 

【ついでに12月の人気記事ランキング】

  1. 就職偏差値を信じてる就活生はたぶん偏差値が低い(笑)
  2. 就活生たちに三菱グループのヤバさと勝ち組っぷりを教えよう
  3. 君の学歴、顔、頭じゃ三菱商事は絶対ムリです。就活産業の問題とは【閲覧注意】
  4. グローバルで給料が高いプラントエンジニアリング業界って知ってる?
  5. 重工大手(三菱重工・川崎重工・IHI)の違いを比較。就活生よ、やりたいことを見つけろ
  6. 5大商社の違いや強みをクイズ形式で比較(三菱商事・三井物産・住友商事・伊藤忠商事・丸紅)
  7. 就活生に大人気のJALとANA。2社の違いを説明できる?
  8. ゼネコン大手5社(鹿島・大林組・大成建設・清水建設・竹中工務店)の違いを比較
  9. 海運大手3社(日本郵船・商船三井・川崎汽船)の違いを比較
  10. ゴッド・オブ・激務高給のキーエンスを考察してブラック企業の秘密を徹底解説
  11. 「OB訪問ってした方がいいの?」とかいう愚問をしてる就活生って…
  12. 総合電機大手(日立・東芝・三菱電機・パナソニック・富士通・NEC・ソニー)の違いを比較
  13. 電通社員が過労死。就活生に本当に激務高給を希望するのか聞きたい
  14. 鉄鋼大手2社(新日鉄住金・JFE)の違いを比較。鉄鋼業界の説明もあり

  15. 鉄鋼専門商社の業界研究と大手5社の解説(メタルワン・伊藤忠丸紅鉄鋼・日鉄住金物産・JFE商事・阪和興業)

 

今回のトピック

  • 両社を簡単に紹介
  • やっている事業のレビュー
  • 採用・年収・残業などの情報

 

両社を簡単に紹介

グループ構成の比較

新日鐵住金とJFEを比較した記事で解説した図を再掲しておこう。

f:id:job-hunting-buddha:20170121112414p:plain

企業研究をしてたらホールディングスという言葉に出会うだろうが、この形態だとボスは組織全体の舵取りにのみ特化した会社で、社員はお偉いさんのみ。ただ、上場はボス(持株会社)の名義で行われるので、有価証券報告書を見て平均年収や年齢を調べても意味がない。とりあえず就活生はこのくらい理解しておけばいいが、当然両方に経営上のメリット・デメリットがある訳で、興味がある人は調べてみるといい。

 

エンジ会社の沿革

新日鐵住金は2012年に新日本製鐵が住友金属を吸収する形で誕生した。新日本製鐵のエンジニアリング部門が2006年に独立して誕生した新日鉄エンジニアリングが新日鉄住金エンジの源流で、親会社の統合の際に名前に“住金”が加えられた。

 

一方、JFEホールディングスは日本鋼管(NKK)と川崎製鉄が2002年に統合して生まれた。この際に日本鋼管が両社のエンジニアリング関連事業を引き受けてJFEエンジニアリングに名前を変えた模様。

沿革|JFEエンジニアリング 株式会社

 

売上と利益の比較

両社ともに上場してないので決算に関する公開データは少ない。就職四季報2018から売上高、経常利益を紹介する。

 

f:id:job-hunting-buddha:20170121112716p:plain

f:id:job-hunting-buddha:20170121112726p:plain

 

規模感は似たようなものだが、JFEエンジの方がここ最近調子がいい。残念ながら両社とも自分たちで決算の情報をオープンにしておらず、親会社(持株会社)の決算報告でセグメントの1つとして軽く触れられる程度なので詳しい理由はわからない。文系は知らないけど、理系は選考の過程で社員と話をする機会が設けられるから、その時に詳しい話を聞くといい。

 

なお、鉄鋼事業の方は、世界経済の減速と中国のゾンビ企業のせいで儲けが出ずに苦しい。中国内でも統合が進んでるし、世界的に業界再編中だ。

鉄鋼大手2社(新日鉄住金・JFE)の違いを比較。鉄鋼業界の説明もあり

 

やっている事業のレビュー

両社ともに色んなことをやっていて、1つずつ挙げていくとかえってわかりにくいと思う。だから筆者が以下のように大まかに代表的な事業をまとめた。

 

【両社ともやっている事業】

  • ごみ処理プラント
  • パイプラインやエネルギー関連設備
  • 鋼構造

 

【新日鉄住金エンジのみ】

  • 製鉄プラント
  • 電力関連事業

 

【JFEエンジのみ】

  • 産業機械
  • 流通システム

 

補足説明

まず、両社とも鉄鋼メーカー傘下のエンジニアリング会社だが、実はJFEエンジは製鉄プラントをやってない。2001年にNKK・住友重機械工業・日立造船の製鉄プラント部門を統合し、スチールプランテックという会社が出来たが、そこがやっている。

 

パイプラインやエネルギー関連設備ってのは、原油や天然ガスを掘る・運ぶ・貯蔵するために必要な設備のこと。バカでかい石油精製プラントやLNGプラントは日揮・千代田化工といった会社が手掛けるが、関連する設備は新日鉄住金エンジやJFEエンジのような会社もやっている。

 

鋼構造は両社やっているんだが、新日鉄住金エンジはスカイツリーや関空ターミナルのような複雑に鉄鋼を組み立てた構造物まで作っている。具体的にどこまで手掛けて、どこからは他社と共同でやっているのか記載が少ないので、この分野に興味があるなら社員に聞いてみよう。一方、JFEエンジは橋に強く、世界中で色んな橋を作っているが、新日鉄住金エンジはやってない。

 

新日鉄住金エンジの電力事業ではオンサイトエネルギー供給事業が面白い。客の工場の中に発電設備を作り、新日鉄住金エンジが燃料を調達して発電して電気をその工場に売る。客の立場では自分たちの工場に最適な発電設備の導入から運営まで一貫して手掛けてくれるのが嬉しい。新日鉄住金エンジとしてもプラントを建てて終わりじゃなくて、長期的に安定した収入源となる。

 

JFEエンジはベルトコンベヤー、船のエンジン、シールドマシン(トンネルを掘るドリル)といったプラントではない機械も数多く手掛けている。また、せりシステムや、ネット取引のようなITソリューションっぽい事業もやっている(対象となる顧客はまだかなり限定的だが)。プラント業界の記事で、エンジ会社は工場を持たず、メーカーとは違うという話をしたが、JFEエンジのこの辺の事業はメーカーっぽい。

 

【スポンサーリンク】
 

 

志望動機のポイント

まず、プラントと聞けば日揮、千代田化工といった会社を真っ先に思い付くはず。こういった専業と呼ばれるエンジ会社と、新日鉄住金エンジやJFEエンジは何が違うだろうか?

 

会社として見れば手掛けている事業の領域が違う。プラント御三家は石油・天然ガス・化学プラントがメインで、規模も大きいが、新日鉄住金エンジ・JFEはそれらをやっていない。代わりに、御三家がやってない環境プラント(ごみ処理やバイオマス)が主力で、上述のようにプラント以外にも色々やっている。という訳で、まず最低限、色々なタイプのプラントが存在し、それを作る会社も多種多様な中で、なぜこのタイプのプラント、この会社を選ぶのか整理しておこう。

 

次に、個人としての働き方で差別化を図るもの重要だ。バカでかいプラントを作るとなれば当然一人当たり担当範囲は細かく分けられるはず。一方、新日鉄住金エンジやJFEエンジが作るプラントには比較的小規模のものも多く、その場合は少ない人数で広い範囲を担当することになる。筆者の印象としては、御三家側は新日鉄住金やJFEエンジをあまり意識してないが、逆は「専業さんと比べてうちは1人で色んなこと出来る裁量がある」という点を推してきた(技術系の場合)。会社選びの軸として、事業だけでなく個人としての働き方も加えるといい。

プラントエンジニアリング御三家(日揮・千代田・東洋エンジ)を比較

 

採用・年収・残業などの情報

平均年収・残業時間(就職四季報・Vorkers)の順で紹介。

 

  • 新日鉄住金エンジ:991万円・19.0時間・75.0時間
  • JFEエンジ:971万円・25.6時間・40.5時間

 

ここで公開されている額面を信じる限りは、日揮や千代田化工に並ぶ水準である。残業時間に関しては四季報とVorkersではかなり差がある。余談だが、Vorkersは就活サービスに登録すれば期間限定であるが無料でコンテンツを見れるので、就活生は登録しておくべき(無料期間が過ぎても次のサービスを登録したら延命できる)。

http://www.vorkers.com/

 

エンジ会社の残業、激務、高給の話はプラント業界の記事で述べた通りなので、まだ読んでない人はそっちを読んでくださいな。まあ、少し内情を知ってる筆者からすると、この2社で残業が30時間もいかんのは嘘やろとツッコみたくなる(笑)。

 

採用人数について

文・理の順で、17年入社の内定者について紹介

 

【新日鉄住金エンジ】

  • 大卒男:2・0
  • 大卒女:5・0
  • 院卒男:1・18
  • 院卒女:1・2

計29名

 

【JFEエンジ】

  • 大卒男:7・3
  • 大卒女:6・3
  • 院卒男:0・42
  • 院卒女:0・9

計70名

 

新日鉄住金エンジは社員数1235名、JFEエンジは3490名で採用人数にも差がある。

 

今回初めて就職四季報を活用したが、

  • 有価証券報告書で年収が公開されていない企業の年収も載ってることがある
  • 採用人数の情報が細かい

という点は便利だと感じた。内定者の大学内訳や採用の倍率なども載っているが、どうやって調べたんだろう?

 

一方で、ひたすらデータの羅列なので、業界の概要をザックリつかみたければ業界地図がおすすめ。就職四季報の方は、就活仲間、研究室やゼミなどで割り勘で買ってシェアするくらいでいいと思う。

 

 

 

選考の注意点

新日鉄住金エンジの方は、事務系は知らないが、技術系は説明会やら工場見学と謳いつつも密かに選考が行われ、落とされる奴は次に呼ばれないスタイルなので要注意。ボケっとしてたら知らん間に落ちてたなんてことにならんように。詳しくは以下の記事を参考にして欲しい。

選考体験記を活用して取り返しのつかない出遅れを防げ

 

JFEエンジの方も推薦が必須みたいな感じと聞いたことがあるし、エンジ会社は全体的に経団連のルールより大幅に早く選考を行うため、律儀に3月1日の解禁日を待たず、早めに情報収集することを強くおすすめする。

 

最後に

一般的にプラント業界は、激務高給、飲みが激しい、強烈なキャラの人が多い、景気の影響を受けるなど、中々大変な業界ではあるが、自分に合ってれば本当に刺激的な業界だと思う。メーカーほど自社のモノに縛られないから、時代に合わせてビジネスを変えていける可能性も高い。18卒はそれを知ってか、プラント業界の記事が人気だけど、今まで見てなかったという人もこの機に目を向けて見て欲しい。

 

それではこの辺で失礼する。

 

プラント業界に興味がある人におすすめ

グローバルで給料が高いプラントエンジニアリング業界って知ってる?

プラントエンジニアリング御三家(日揮・千代田・東洋エンジ)を比較

重工大手(三菱重工・川崎重工・IHI)の違いを比較。就活生よ、やりたいことを見つけろ

鉄鋼大手2社(新日鉄住金・JFE)の違いを比較。鉄鋼業界の説明もあり

ゼネコン大手5社(鹿島・大林組・大成建設・清水建設・竹中工務店)の違いを比較

 

その他おすすめ記事

電通社員が過労死。就活生に本当に激務高給を希望するのか聞きたい

君の学歴、顔、頭じゃ三菱商事は絶対ムリです。就活産業の問題とは【閲覧注意】

「OB訪問ってした方がいいの?」とかいう愚問をしてる就活生って…

就活生は志望度・エントリー数・時期の3点を最適化したポートフォリオを作れ

「就活では40年働く会社を選ぶ」とか言ってるアホたちへ

記事一覧