読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

ABBジャパンという超ニッチな外資系メーカーについて解説

【スポンサーリンク】

f:id:job-hunting-buddha:20161009120127p:plain

 

みなさん、こんにちは。

ブッダです。

 

今回は、日本では超マニアックだけど世界的には超一流企業であるABBという会社について書こう。日立、三菱電機、重工、プラントエンジニアリングあたりに興味がある就活生は、一度ABBをチェックしてみるとよい。日立とは直流送電事業の合弁会社を作ってるし、日揮みたいなプラント会社にモーターや電気設備を納めているというつながりがある。また、IHIとつながりがある子会社で火力発電の設備や船のタービンを作っている。

 

今回のトピック

  • ABBとは
  • ABBジャパンについて詳しく
  • グローバル志向就活生にはピッタリ?
  • ABBジャパンの採用人数やら年収
  • 選考についての情報

 

ABBとは

スイスに本社がある世界的重電・重工メーカーである。2015年度の売上は全体で約350億ドル(3.5兆円くらい)であり、世界約100か国に13万5000人の従業員を抱える。

 

ABBジャパンについて詳しく

ABBジャパングループについて

ABBジャパングループには以下の3つの企業が存在する。

  1. ABB株式会社:本体。いわゆるABBジャパン
  2. ABB日本ベーレー:火力発電の制御システムやプラントの計装品(センサーや制御器)に特化した会社
  3. ターボシステムズユナイテッド: ABB株式会社(60%)とIHI(40%)の合弁企業。船のタービンを作る会社

 

いわゆるABBなのは①で、②は元は違う会社で後にABBが入ってきた。③は1998年に以前から付き合いのあったIHIと組んで作った。

 

事業領域と製品について

ABBジャパンには以下の4つの事業本部が存在する。

  • 電力制御機器事業
  • オートメーション・モーション事業
  • プロセスオートメーション事業
  • パワーグリッド事業

 

【電力制御機器事業】

その名の通り、電力システムを制御するためのシステムを作ってる。

 

【オートメーション・モーション事業】

ザックリ代表的な製品を説明すると、モーターと工場用のロボット。

 

f:id:job-hunting-buddha:20161009120342j:plain

 

トヨタとかの工場でこんなロボットアームが車を組立ててる映像を見たことがあると思うけど、ああいうロボットを作っているのだ。日本のライバルメーカーだと、安川電機、川崎重工業、ファナックあたりが挙げられる。ロボット好きでその辺の会社を見てた人はABBも見てみよう。

 

【プロセスオートメーション事業】

“プロセス”って産業界で言うと、液体や流体を処理して製品を作る産業のことを指す。ザックリと化学メーカーや食品メーカーの工場をイメージしてもらえばよい。

 

f:id:job-hunting-buddha:20161009120407j:plain

 

そんなプロセス産業のプラントで使う計装品(センサーや制御器)を作るのがこの事業部。日本企業だと横河電機やアズビルが同業者となる(ニッチだな~)。

 

【パワーグリッド事業】

電力制御機器事業が“制御”に特化していたのに対し、こっちは電力システムの設備を扱っている。再エネやら送電ケーブルやパワー半導体を扱っている。

 

社風について

ABBジャパンは世界的メーカーであるABBの日本支店である。まあ、グーグルやマッキンゼーといった外資の日本支部と同じノリなんだが、社風でいうと少し違うらしい。日本で長く活動してきたため、また、ヨーロッパ系の企業であるため、いわゆる“外資”と聞いて連想される“アップorアウト”、“拝金主義”といったアメリカ的社風とは違うと社員から聞いた。

 

また、クビはないけど、結果を出してないのに年功序列で出世するということはないし、無駄な残業はさせない。日系と外資のいいとこ取りとも聞いた(この手の会社はよくこう言うので過信は禁物)。

 

【スポンサーリンク】
 

 

グローバル志向就活生にはピッタリ?

自称グローバルな会社?

ABBという世界的グループの一員なわけで、そこの製品を主に日本企業に売るのがABBジャパンの仕事である。したがって、ABB本体とのやり取りがあるという面で、全部日本人の日立のような会社と違い、グローバルな働き方となる。

 

実際筆者は、製品のことで世界の工場と打ち合わせを英語で行う、最終選考は外人の日本支部社長相手に英語でプレゼン(最近はそうじゃない職種もある)、半年くらいの海外研修があるといった話を聞いた。

 

所詮は代理店?

こう聞くと素晴らしい外資系企業のように聞こえるが、日揮の社員から「所詮は日本における代理店だよ」と聞いた。また、ABBジャパンの社員からも「商社のような側面がある」と聞いた。

 

ここで重要になるのは、ABBジャパンの人間が製品の研究・開発において、本体にどのくらい影響を及ぼせるのかという点だ。「製品の開発もビジネス戦略立案も本体がやります。日本人は日本で製品を売るだけ。理系技術者も技術の話を客にして、機械の納入をやるだけ」といった感じならば、確かに代理店や商社であり、メーカーとはいえない。主体的に開発やビジネスをやりたい人にとっては魅力的でなく、日系メーカーの方がいいかもしれない。ここは社員にしっかり質問して見極めるべき点だ。

 

ABBジャパンの採用人数やら年収

採用に関する情報

採用人数は例年合計10名ちょっとと少ない。まあ、全体で社員が700人くらいしかいないからね。筆者が就活生時には以下の職種で募集がかけられていた。

  • セールス(営業)
  • エンジニアリング(技術営業に近い)
  • プロジェクトマネジメント(事業を管理する人)
  • ファイナンス(専門性を要求される狭き門)
  • テクニカル・アソシエート(納入した機器のスタートアップを行う人)
  • バックオフィス・アソシエート(総務とか)

 

年収について

クナビによると、初任給は院卒24万、学部卒22万と普通。Vorkersによると、新卒3年目で400万円台、30歳で700万円くらいとこれまた普通。中途入社組のコメントばっかりなので参考にならん。中途入社でも飛び抜けて高い人はいなかった。

 

筆者が聞いた話だと、階級に応じて給料が決まり、階級は世界共通の指標で成果に応じて評価されて決まる。給料がメチャクチャいい訳じゃないが、似たようなメーカーと比べるといいのではとのこと。

 

選考についての情報

外資メーカーだけあって選考は早い。今年の選考は既にスタートしている。詳細はこちらからどうぞ。ここの選考は説明会に行かないと参加できないので、注意しよう

 

筆者が就活生時代には5次選考まであると書いていたのだが、実質

  • 1次:ES
  • 2次:面接
  • 3次:SPI
  • 4次:グループディスカッション
  • 5次:最終面接

であった。

 

何段階かに分けて選考をするので、恐らく今回の10月に行われる選考を逃しても、まだチャンスは残っている。選考が後になるほど残っている席は減るのだが、自分の就活生レベルが低いうちに受けても通る確率は低いため、自分の実力を見ながら計画を建てよう。

 

筆者の頃は、2次の面接でABB本体かABBベーレーに行くかを宣言し、ベーレーを選んだ場合はそれ以降別ルートになる制度だった(ターボシステムズもそうだったかは忘れた)。ここの人事のオバチャン(30代半ばくらい?)は典型的な意識高い系&グローバル系&リベラル系っぽい人で(たぶんプライベートでは自称サバサバ系と言ってそう)、好みが分かれると思う(笑)。18卒の選考に絡んでくるかはわかんないが、ベーレーを受ける人も2次面接では意識高いオバチャンに深堀される可能性があるので、しっかり準備しておこう。

 

最後に

重電・重工・プラントエンジあたりに興味がある人は説明会に行ってみるとよい。普通に就職先の候補になるかもしれないし、選考の練習として利用するのもよい。外資就活ドットコムくらいしか情報にアクセスするルートがないので、気付いたら選考が終わってたということのないように。また、グローバルだの日系企業と違うだのといったプロパガンダを盲信しないこと。選考に進むと社員と会う機会を作ってくれたので、よくリサーチせよ。

 

それではこの辺で失礼する。

 

あなたへのおすすめ記事

総合電機大手(日立・東芝・三菱電機・パナソニック・富士通・NEC・ソニー)の違いを比較

ゴッド・オブ・激務高給のキーエンスを考察してブラック企業の秘密を徹底解説

重工大手(三菱重工・川崎重工・IHI)の違いを比較。就活生よ、やりたいことを見つけろ

プラントエンジニアリング御三家(日揮・千代田・東洋エンジ)を比較

商社はじめ文系就職を考えている理系院生へ。茨の道を行く覚悟ある?

「OB訪問ってした方がいいの?」とかいう愚問をしてる就活生って…【ABBは情報が少ないためOB訪問できると大きなアドバンテージとなる】

18卒が平常心で自分の将来を考えられるのは残り3ヶ月という事実

記事一覧