読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

INPEXは超ホワイトで高給?就活生に人気の国際石油開発帝石まとめ

企業研究 企業研究-石油・プラントエンジニアリング

【スポンサーリンク】

f:id:job-hunting-buddha:20160724142825p:plain

 

みなさん、こんにちは。

学期末で忙しい時期だろうが、就活(高給ホワイト勝ち組企業探し)は順調だろうか?今回はグローバルっぽくてホワイトかつそこそこの給料、そして何より何かと響きがカッコイイため就活生に大人気の国際石油開発帝石(通称INPEX)を紹介しよう。

 

商社や海運に興味があるグローバル志向の就活生には人気だが、一方で聞いたことねぇぞって人も多いだろう。実はINPEXというのは、この前発表された企業の時給ランキングでは堂々の14位、そして上位30社中残業時間最少という、就活生からしたら夢のような純白ホワイト企業なのだ(笑)。

 

という訳で、今回はINPEXについて以下の点をまとめる。

  • 本当にホワイトなのか転職サイトの口コミから検証
  • まったり高給になる理由とは
  • INPEXの採用情報まとめ

 

本当にホワイトなのか転職サイトの口コミから検証

さて、冒頭でも述べたが、先日Vorkersが発表した“企業の時給ランキング”でINPEXは14位にランクインしている。平均年収では80位(930万円)くらいなのだが、時給上位30社の中で月残業時間が最少(19.4時間)なので、時給換算すると強い訳だ。

 

Vorkersの時給ランキングのページ  

http://www.vorkers.com/hatarakigai/vol_27

 

採用ホームページの社員の一日紹介でも、9時ごろに出社して18時か19時に帰ってる人が多い(余談だが、野村総研のコンサルは6:00出社、24:00退社なんてのを平気で載せている)。ネットの噂でもホワイトという声は多いし、まったり高給なんて言い方もされる。今回はVorkersに載っている在籍社員による口コミを紹介し、本当にホワイトなのか検証しよう。

 

ポジティブな書き込み
  • ワークライフバランスはよい
  • 年収は年功序列で15年目くらいまで安定して上がっていき、差がつかない。
  • 仕事のアウトプットから考えると十分な給料

 

ネガティブな書き込み
  • 福利厚生がさほど充実していないので、可処分所得で考えると微妙
  • 年功序列で個人の評価による給与の差は小さい

 

残業多い、激務という声は全く見当たらなかった。もちろん部署によって、タイミングによって忙しい時期はあるだろうが、常に激務な部署は存在せず、平常運転時は定時退社も余裕って感じだろう。まあ、残業時間が月平均で19時間ってことは、毎日1時間以下の残業で帰れるってことだからね。

 

まったり高給になる理由とは

INPEXのやっている資源開発ビジネスはかなり特殊だ。恐らくあらゆるビジネスの中で最も長いスパンで取り組む事業といえる。そのため社風も短期のノルマに追われることなく、まったりのんびりになるのだろう。ホワイトってことさえわかればOK!早く採用情報見たいって人は下にスクロールしてもらって構わない(笑)。

 

資源開発を一応真面目に解説

10人に1人もいるかどうかわからないが、真面目に資源開発の話を聞きたい人に簡単に解説しよう。要するにINPEXは石油・天然ガスを掘って売っているのだが、そのプロセスは以下の通り。

 

  • 事前調査・鉱区取得(1年)…産油国から地面を掘る権利を取得
  • 探鉱(2~3年)…地面の下に油田があるかを調べる
  • 評価(3~5年)…油田があったとして、開発して儲かるのか検討
  • 開発(2~5年)…油を地面からとって出荷するための設備を作る
  • 生産・販売(10~20年)…石油・天然ガスを地面からとって出荷する

 

見ての通り、最初に土地を取得してから実際に油を売って金になるまで普通に10年くらいはかかる。諸々の調査や産油国政府との交渉なんかは非常に長い時間をかけて行うため、資源開発はこれだけ長いスパンのビジネスになるのだ。もちろん各フェーズの最終段階や緊急のトラブルが発生したときは忙しくなるだろうが、基本的に目先のノルマに追われるようなことは稀なはず。

 

半分国策企業

普通に東証一部上場の民間企業なんだが、筆頭株主は経済産業大臣である。おまけに大臣は黄金株という中二心をくすぐるような怪しげなモンを持っている。黄金株ってのは、会社の買収に関することなら株主総会で決まったことでも「NO」と言える魔法のカードみたいなモンだ。こんな企業は日本でこの会社だけ。なんでかっていうと、資源のない日本に石油・天然ガスを供給する会社なんだから、政治・国際情勢とモロに関わってくるし、もし中国みたいな外国に買収されたら日本のエネルギー安全保障が詰むからだ。

 

まあ、という訳で、年功序列のカッチリした組織になるわな。

 

社員のモチベーションは個人次第という書き込みがVorkersには多かった。もちろん石油を掘る現場が好き、海外でバカでかいプロジェクトに関わるのが楽しいって人たちは一杯いるだろうし、頑張っている人が大半だろうが、ゴリゴリ成果上げるぞ、成長するぞってのがデフォの環境ではないかも。悪く言えばぬるま湯。その辺はしっかり社員に会ってリサーチしておけ。

「OB訪問ってした方がいいの?」とかいう愚問をしてる就活生って…

 

【スポンサーリンク】
 

 

INPEXの採用情報まとめ

で、結局まったりホワイト高給勝ち組企業(言い過ぎ)にオイラが入るにはどうすればいいんだいって話やな。

 

ぶっちゃけ狭き門

技術系に関しては、院生がデフォ。大学での研究が仕事と直結する人半分、全然異なる分野から飛び込む人半分と聞いたことがある。地質調査系の職種は、資源や土木系の研究室で、先輩も代々INPEXに行ってるってとこが強いでしょう。一方で、理系の素養さえあればOKって職種は機械系やら材料系出身もいるとのこと。研究室つながりじゃない部門はハイスペック理系院生の中で抜きんでた何かがないと勝ち抜けないでしょう。

 

事務系に関しては採用人数10~20弱だろう。商社や海運、JXみたいな石油元売りとの併願者が多いだろうし、これまたハイスペック就活生との戦いは必至。でも、外資系との併願は少ないだろうから、超高学歴理系院生との戦いは回避できるかも。

 

ここは検索候補で“学歴フィルター”や“採用大学”って出てくるが、上記の通り狭き門なので、ハイスペック就活生を上から取っていったら結果として、早慶、旧帝、東工大・一ツ橋で大半が埋まったというだけだろう。確実なソースではないが、東京外大、MARCH、神大クラスの大学からも毎年ちらほらは通るようだ。10人ちょっとの採用なのに一次面接ではかなり大量の学生を受け入れているんだから、問答無用で学歴フィルターかけてる訳ではないかと。

 

INPEXの選考情報まとめ

技術系はニーズもさほど多くないだろうから、ここでは事務系だけ書く。昨年までの流れはES→筆記試験→面接×3.

 

  • ES:まあまあ分量は多いが、変なことは聞いてこない。
  • 筆記試験:会場で玉手箱を受験。替え玉受験、友達と協力プレイ、電卓というあらゆるツールを禁じられたルール。筆者が受けたときは東京の会場だったが、1タームで100人はいた。そんなのが計10ターム以上はあると思われる(ほとんど落ちないみたいだが)。
  • 1次面接:ONE CAREERの選考体験記曰く、ここが倍率10倍くらいで大変だそう。例年は一対一で15分ほどの面接を流れ作業で大量に捌くやり方だったが、17卒の時は集団面接だったとか。
  • 2次面接:社員2:学生1で30分ほどじっくり面接。1次選考は玉石混交の学生からカスを落とすのがメインだが、2次選考は見込みのある奴から本当に最終に進ませるべき学生をじっくり選ぶのだろう。
  • 3次面接:最終面接。役員クラスと3:1で20分ほど。

 

選考対策

まだまだこの時期なので本格的にINPEX個別の対策を意識する必要はない。自己分析を進めておく、TOEICで高得点をとっておく、インターンの選考で面接に慣れておく等々就活の基本を進めておけばよい。

 

INPEXはじめ商社のエネルギー事業に興味がある人は、資源開発についてコツコツ勉強しておくとミーハー就活生には負けない知識がつく。世界情勢と密接に関係している石油業界の入門書はこれがおススメ。

 

以下の問い全てにきちんと答えられない就活生はINPEXやエネルギー業界の内定獲得どころか、常識がなさ過ぎるのできちんと勉強しておくこと。

  • 最近の原油価格がいくらか大まかに知っているか
  • 石油は世界のどこで掘っても同じものが出てくる。○か×か。
  • シェールオイル・ガスとは何か説明できるか
  • イスラム教スンニ派とシーア派の違いを説明できるか

 

 JAPEXとの違いをまとめた記事はこちらから。

job-hunting-nirvana.hatenablog.com

 

あなたへのおすすめ記事

「OB訪問ってした方がいいの?」とかいう愚問をしてる就活生って…【まったり高給なのかOBに聞こう】

5大商社の違いや強みをクイズ形式で比較(三菱商事・三井物産・住友商事・伊藤忠商事・丸紅)

商社はじめ文系就職を考えている理系院生へ。茨の道を行く覚悟ある?

出光と昭和シェル合併を解説+石油元売り業界のまとめ 

プラントエンジニアリング御三家(日揮・千代田・東洋エンジ)を比較

海運大手3社(日本郵船・商船三井・川崎汽船)の違いを比較 

18卒が平常心で自分の将来を考えられるのは残り3ヶ月という事実

記事一覧