読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

WEBテストで替え玉受験がダメとか言う就活生はバカ

【スポンサーリンク】

f:id:job-hunting-buddha:20160709095017j:plain

みなさん、こんにちは。

 

前回の記事でWEBテストは替え玉受験、協力プレイがやり放題と書いた。

job-hunting-nirvana.hatenablog.com

 

今回はそれって倫理的にどうなのよという話だ。

結論から言うと、タイトルにある通り、「WEBテストで替え玉受験や友達とやるなんて不正はダメ」という就活生はバカだと思っている。まあ、もちろん倫理的にはちゃんと自分で受けるべきだし、企業も公的には「不正している学生は落とす」と言うに決まってる。そんなのは当たり前のことだ。しかし、そもそもWEBテストなんか使ってる時点でその企業は“厳正なテストで合否を決める”なんて気はこれっぽっちもない。企業だってアホではないのだから、学生が不正をすることなんてわかってる(人事も昔やってただろうしね)。

WEBテストは“厳正なるテスト”ではない

考えてもみたまえ。テストセンターや自社のオフィスで受けるテストは不正のやりようがないのだ。WEBテストでやるのと全く同じ形式のテストを、不正のできない厳正な環境で受けさせることができる。にも関わらず、なぜ企業がWEBテストを行っているのか考えてみよ。本気でテストの出来で学生を選別したいのなら、簡単に“厳正なるテスト”を用意できるのだから、それを使うはずだ。

 

WEBテスト=学歴フィルター?

この言葉を額面通りに受け取らないこと。高学歴は受験勉強に近い就活の適性検査で高得点を取るから、結果としてテストが学歴フィルターになっているという訳ではない。初めから学歴で切るつもりだが、F欄が「あの企業は学歴フィルターあるぞ」とか2chやらみん就に書き出したらウザいので、表向きは「テストが悪いから落ちたんやで~」ということにする。

 

まあ、これも2chで言われている内容だし、人事が公にするはずがないから真相はわからないのだが、WEBテストを学歴フィルターの口実にしている企業もあるのでは?さすがに超低得点の高学歴は落ちるし、超高得点の低学歴は通るだろうが。

 

まとめとアドバイス

以上、会場で受ける検査があるにもかかわらず、企業がWEBテストを受けさせる理由を考えると、WEBテストでは本当の学力を見たい訳ではないだろう。ということは、就活生が勝手に正直に受験しようと思っていても、企業からしたら「あらそうですか」という感じだ。どうせWEBテストなんて単なる通過点なんだから、就活生は如何に合理的にクリアするか考えよ

 

WEBテストで右往左往している時点で就活生として低スペックなのだから、テストはチートで時間をかけずに通過し、面接で挽回するための対策の方に時間をかけるべきだ。そんなこともわからず無駄な正義感を発揮して非効率的な時間の使い方をしている就活生をおバカと言っているのだ。

 

もちろん、来年の本選考では多くの企業がテストセンターや自社会場でのテストを実施する。これは自力で突破するしかないのだから、適性検査対策を行うのは極めて重要だ。一方で、「インターンのWEBテが来週なのに何も対策してない!」という状況なら迷わず替え玉や協力プレイを検討せよ。ツイッターで「WEBテやばい」などと言ってる暇に、役に立ちそうな知り合いにバイト代でもわたして協力してもらえ。

 

こういう要領の良さが就活では重要だ。高学歴でなく、自力でテストで高得点を取れるスペックもないくせに、要領が悪い、頼りになる人脈もないなんて人は企業からしたらお断りだ。つまり、WEBテストによって上記のいずれかがあるやつだけ残るのだ。

 

最後に

これは筆者の個人的見解だし、不正がバレて落ちたって責任はとりません。また、間違っても人事に「WEBテって学歴フィルターの口実に使ってるんですか?」なんてアホな質問はしないこと。

 

それでは、今回はこの辺で失礼する。

 

あなたへのおすすめ記事 

玉手箱の計数解答システム(エクセルファイル)を無料公開!例題つきで使い方のコツを解説

テストセンター(SPI)で実際に出た問題を大流出させてしまおう

18卒就活生が年内にやるべき筆記試験対策2点(SPI・玉手箱)

リクナビのSPI模試みたいなやつ受けといた方がいいよ