読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ブッダのブログ~涅槃を目指して~

就活の本質がわからぬまま迷走して無い内定...そんな就活からの解脱を目指して

MENU

野村総研(NRI)経コンインターン選考体験記~“構造化”とは何か?

就活情報-インターンシップ 就活情報 企業研究-コンサル 企業研究

【スポンサーリンク】

 f:id:job-hunting-buddha:20160706105717j:plain

 

みなさん、こんにちは。

ブッダです。

 

野村総研インターンの選考体験記なのだが、面接でロジカルに話す方法について解説しているので、NRIに興味が無い人も読んでおいて損はない。NRIの経営コンサルタントの内定者はインターン参加者が大半を占めるので、NRIに興味がある人はしっかり読むように。

 

一次選考の内容

  • ESで書いたことを“構造化”して話す
  • 逆質問

話の構造化

野村総研の大好きな“構造化”をやらされる。ESで学生時代に頑張ったことやら成し遂げたことを書かされただろう。その内容を一緒に受けている就活生に“構造化”して一分で話す。その後説明を聞いた就活生は気になる点や疑問点を一分間質問する。そして面接官に、自分が聞いた話をまとめて整理し、“構造化”して一分で話すという内容だ。

 

つまり、AがBに自分のESの内容を話し、BはAに質問して内容を整理し、面接官に要約して伝える。次にBがCに同じことをして、以下CはDに…と続く。学生の数は3,4人だろう。

 

構造化とは

“構造化”とはザックリいうと、話のタテとヨコの関係を明確にすることだ。“タテ”は因果関係、“ヨコ”は考えられる可能性や選択肢が列挙されている関係だ。難しく聞こえるが、例を見ればすぐに理解できる。

 

例えば、「コンビニの売り上げを増やせ」という課題に対して、「今後は高齢化社会が進む。コンビニを全く使わないという高齢者も多いだろう。よって、高齢者を対象としたサービスを導入する。」という答えはどうなのか?一見論理的で妥当な解答に見えるが、課題を“構造化”して導かれた答えとは言えない。

 

この課題を構造化して考えるとこうなる。

まず、売上とは“客単価×客数”で決まる(ヨコの関係)。よって、売り上げを増やすにはこの両方またはいずれかを増やす必要がある(タテの関係)。客数を増やすことを考えるとして、新規の客を次の2パターンに分ける。①他のコンビニを使っている人、②そもそもコンビニを使わない人(ヨコの関係)。②の大部分を占めるのは高齢者だと考えられるので、ここをターゲットにしたサービスを考える(タテの関係)。

 

イメージを掴んでもらうために敢えて大雑把にしているが、こんな感じで一段階ずつ要素に還元して、話を次のステップに進めていくことが求められている。最初の例では、既存客の客単価を増やすという選択肢を完全に無視しているし、新規客としていきなり高齢者を挙げている。結果として、一見論理がつながっているように見えるが、途中の段階をすっ飛ばして漠然とした主張になっている。

 

7月28日追記:結局この構造化というのは、ロジカルシンキングの基本であるMECEに分けて、ロジックツリーを作るという過程に他ならない。MECEやロジックツリーって何?って人は恥をかく前に、野村総研のセミナーまとめ記事で勉強しよう。

job-hunting-nirvana.hatenablog.com

 

面接でどう答えればいいのか

面接で話す時間は一分しかない。よって、上記の例のように詳細に構造化している余裕はない。そこで、ポイントを絞って話の飛躍が無いようにヨコの関係を示し、全体として軽くロジックがつながるようにすればよい

 

例えば、ESの内容が「部活で去年まで弱かったチームを強くした。」というものだとしよう。この場合、「弱かった理由はA,B,Cだと考えた。中でも、~なので、Aがボトルネックになっていると考えた。Aに対し、D,Eという対処法を考え、実行した。」くらいにまとめればよい。

 

大抵の学生は「自分が部活をこうやって強くした!」という成果のアピールばかりに躍起になる。聞いている方からすれば、「弱かったのはなぜ?」、「どうして君はその解決法を選んだの?他に案はなかったの?」となる。せいぜい一分なので、本気で選択肢を検証することは出来ない。話のトビがないように選択肢や可能性を3つほど並べて、その一つを選んだ理由を添えれば十分だ。

 

逆質問

2,3問は聞けるくらいの時間があった。他の学生と順番に聞いていくスタイルなので、自分の用意してきたことを先に聞かれてしまう可能性も考慮し、多めに質問を用意しておこう

 

インターン面接での逆質問については以下の記事の最後に書いてある。

 

job-hunting-nirvana.hatenablog.com

 

【スポンサーリンク】
 

 

さいごに

私のときは、この選考を通った後に2次選考があり、それに受かるとインターン参加だった。最終的に辞退したが、2次選考では交通費がしっかり出ると聞いた。東京に行きたい地方の就活生にとってはいいチャンスかも。

 

“構造化”の考え方は野村総研に限らずESを書くときや、面接で話すときに使える。上述の通り自分の言いたいことばっかり並べてアピールしようとする学生が多いので、聞いている人に過程が伝わるような話の整理の仕方を身につけてほしい。

 

それでは今回はこの辺で。

 

追記(2016年7月12日)

この記事はけっこう多くの人に見てもらっているみたいなので、NRIに関して思い出したことを書き足しておく。

 

構造化の話をしっかり勉強したい人は、野村総研のロジカルシンキングセミナー(名前は正確には覚えていないが)に参加しよう。NRIが大事にしている考え方なので、志望度の高い人は必ず身につけておくべき。確かインターンに申し込んだ人向けの限定セミナーが夏に開かれた。

 

また、冬と春にもインターンが開かれるので、今回残念ながら落ちた人も、まだチャンスはある。ESの質問内容はほぼ同じで、使いまわしてもよいと言っていた気がする(まあ、就活の最初に書いたやつなんて後から読み返したら酷いもんだから、手直しは必要だが)。

 

野村総研の経営コンサルタントは採用人数もそんなに多くないし、インターン経験者が内定者に占める割合はけっこう高いと聞いた。てか、選考自体が別ルートだったかもしれない。とりあえず、志望度の高い人は今回のインターンの反省をして、今から準備を怠らないこと。

 

筆者のときはインターンも本選考も適性検査はテストセンターでのSPIだった。

 

逆質問で間違っても「コンサルってやっぱり激務なんですか?」などと口走らないように。激務に決まってます。どうせ説明会でも面接でも聞かれまくるだろうから人事も社員もウンザリしているだろうし、「またか」という感じだ。もちろん、答えは「プロジェクトの山場のときは忙しいですが、普段はそうでもないですよ」とか「最近は残業もどんどん減ってきています」とか作った笑顔で言うに決まってるから。実態は裁量労働制なので、残業という概念はないけど勤務時間はお察しである。

【激務っぷりはOBに聞け】 

「OB訪問ってした方がいいの?」とかいう愚問をしてる就活生って…

 

あなたへのおすすめ記事

「コンサルは胡散臭い・激務・高給」と思っている就活生へ

野村総研(NRI)のロジカルシンキングセミナーを勝手にまとめ 

フェルミ推定のコツと例題を解説!外資コンサル志望でなくても必見 

三井物産インターンの次の選考はグループディスカッション?去年と似たお題ならマジ楽勝 

君の学歴、顔、頭じゃ三菱商事は絶対ムリです。就活産業の問題とは【閲覧注意】